2020年 6月 5日 (金)

「自画撮り被害」をAIが防ぐスマホ 不適切画像の撮影を規制

印刷

   MVNO(仮想移動体通信事業者)のトーンモバイル(東京都渋谷区)は、スマートフォン「TONE e20」を2020年2月20日に発売した。

  • AIがユーザーを守る
    AIがユーザーを守る
  • AIがユーザーを守る

トリプルレンズカメラを装備

   従来モデルと比べAI(人工知能)やプロセッサー・メモリーなど基礎性能が大幅に向上したほか、機械学習によりユーザーの安全を守る「TONEあんしんAI」をアップデートしたという。

   縦横比19.5:9の6.26型HD+(1520×720ドット)ディスプレイを搭載しながら薄型で持ちやすいボディを実現。建築家をはじめ幅広く活動する迫慶一郎氏が監修した背面ガラス風仕上げのデザインを採用する。

   AIが不適切画像の撮影を規制し、昨今問題となっている"自画撮り被害"を防ぐ「AIフィルター」を備えたカメラアプリ「TONEカメラ」を搭載し、広角撮影にも対応した1200万+1300万+200万画素の「トリプルレンズ」カメラを装備。フロントカメラは800万画素。指紋/顔認証の「ダブル生体認証」に対応する。

   OSは「Android 9.0」をプレインストール。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(256GB)対応。nanoSIMスロット×2(うち1スロットはmicroSDカードと共用)を装備し「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応する。

   IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。バッテリー容量は3900mAh。

   価格は1万9800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!