2020年 10月 26日 (月)

■フェブラリーS「カス丸の競馬GI大予想」
  インティの連覇なるか

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
trend_20200221164140.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。2020年初めてのGIがやってきたよ。フェブラリーステークス(2月23日、東京競馬場、ダート1600メートル)。カス丸の今年の目標は、爺よりもたくさん当てることだじぇい。まずはこのレースをものにするきゃすう。

   カスヨ カス丸、今年も頑張るのよ。バンバン当てなさい。

   カス丸 分かってるじぇい。カスヨ姉さんには昨年勝ったから、目標はもっと大きく持つじぇい。

   カスヨ カス丸、競馬はね、当たった数じゃないのよ。当てた後に戻ってくる金額なのよ、大事なのは。分かってる?わたしみたいに穴狙いは、当たった数は少ないけど、戻りが大きいから、爺よりも稼いでいるのよ。

trend_20200221164209.jpg

横綱格がいないGIレース

   ガジュマル爺 カネ、カネ、カネ...... ちまちましたことを大きな声で言うもんじゃないわい。一生懸命に走る馬たちに失礼じゃ。もっと馬に敬意を表して予想するもんじゃ、競馬は。わかったかのう、カス丸。

   カス丸 分かってるじぇい。それで今回、爺が最も敬意を表したのはアルクトスきゃすう?

   ガジュマル爺 そうじゃ。わしの本命◎じゃ。この馬は東京ダートのマイル(1600メートル)が強いんじゃ。これまで東京では5勝、うち4勝がダートのマイルじゃ。それに先行できる脚質じゃから、おそらく1番人気になるインティが逃げた後につけて、最後は負かすことができるじゃろ。

   カス丸 カスヨさんの本命はデルマルーヴルだよ。

   カスヨ そうよ。今年のフェブラリーSはね、横綱格がいないのよ。昨秋のチャンピオンズカップ(GI、中京、ダ1800メートル)を勝ったクリソベリルと2着のゴールドドリーム、それに4着のチュウワウィザードの3頭は、3月のドバイやサウジアラビアでのレースに参戦するため、今回出ないのよね。となるとレースレベルも下がるんだけど、混戦必至だわね。そこで、このデルマの登場となるわけ。まずはこのレースは前走よりも距離が短縮される馬が好成績をあげているのよね。つまり前走が1800メートル以上のレースを走っていること。それと4、5歳が活躍する傾向があるのよね。あとは先行できる脚質であること。デルマはこれらの条件を全部クリアしてるのよ。それに鞍上はミルコちゃん(ミルコ・デムーロ騎手)よ。昨年は調子がなかなか上がらなかったけど、年が明けてからは結構、活躍しだしたわ。かつてのデムーロに戻りつつあるわね。ということで横綱がいない場所を一気に突き抜けること間違いなしよ。

   カス丸 爺の対抗〇は、モズアスコットだよ。前走の根岸ステークス(GIII、東京、1400メートル)では圧勝だったじぇい。

   ガジュマル爺 そのとおりなんじゃ。初めてダートコースを走ったんじゃが、さすが芝のGI馬(2018年の安田記念覇者)じゃ。逃げたコパノキッキングをあっという間に抜き去ったのは鮮やかじゃった。東京のダートコースは実力どおりで決まりやすいんじゃが、見事じゃった。今回もこのレベルのレースじゃから、あっさり勝ってもおかしくないということじゃ。

   カス丸 カスヨさんの対抗はヴェンジェンスだよ。そんなに強いきゃすう?

   カスヨ こっちも前走が1800メートルを走って2着だったから距離短縮組ね。東京ではあまり使われてないんだけど、デビュー2戦目で1400メートルに使われて3着よ。同じ左回りの中京でも、2回走って3着が1回という成績ね。非常に得意というわけでもないけど、まあまあね。基本的に末脚がしっかりしているから間違いなく上位にくるわよ。それと鞍上の幸(みゆき)英明騎手はダートが得意だから心強いわよ。

インティは逃げないともろい

trend_20200221164250.jpg

   カス丸 昨年勝ったインティの名前が出てこないじぇい。どうしてきゃすう?

   カスヨ わたしは押さえ△ね。よく見たら爺も同じだわ。まあ、今回は同型の逃げ馬が他にいないから楽に逃げられるわね。さっき話に出た昨秋のチャンピオンズカップでは3着だったわ。その時の1、2、4着がいないんだから、今回は楽勝のはずなんだけど、まあそううまくいくかしらね。この馬で気になるのは、昨年11月のみやこステークス(GIII、京都、ダ1800メートル)だわね。この時はスマハマという逃げ馬と先頭争いをして、最終コーナーで馬込みに詰まって一気に後方に下がってしまい15着だったわ。意外ともろいところがあるのよね。前走の東海ステークス(GII、京都、ダ1800メートル)でも逃げずに先行したんだけど、最終コーナーを2番手で回ったのに3着だったわ。結局、昨年フェブラリーSで勝ったときのように、最初から逃げて逃げて逃げ切るという戦法でないとダメなのよね。他の勝ち方を覚えさせようとしたのかもしれないけど、ダメなんだわね、この馬の場合。しっかり逃げ切れば、このメンツなら勝ち切れるはずなんだけど、どうかしら。結局、昨年のこのレースで勝って以来、勝ち星がないのも気になるわ。

   カス丸 今年は地方所属馬も出てるじぇい。馬券になりそう?

   ガジュマル爺 わしはミューチャリーが押さえじゃ。この馬は2000メートルあたりがいいかもしれんのじゃが、先行できたら粘り強いんじゃ。昨年7月の大井競馬場であったジャパンダートダービー(2000メートル)でクリソベリルの3着に入っておる。

   カスヨ わたしはモジアナフレイバーよ。この馬はとにかく堅実。どこで走っても掲示板(5着以内)に名前が載るわね。昨年暮れの勝島王冠(大井、ダ1800メートル)では勝利し、ノンコノユメに2馬身差をつけたわ。そのノンコノユメも要注意ね。この馬、今は地方馬なんだけど、元々は中央にいてこのフェブラリーSでも2年前に優勝、4年前には2着よ。追い込みが決まるような展開になれば勝つチャンスはあるわね。

   カス丸 うーん、勝ちそうな馬がたくさんいるじぇい。でも横綱不在のときは新しい波がくるきゃすう。東京が得意なモズアスコットが本命◎だじぇい。当てるきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!