2020年 8月 11日 (火)

芸能人の不祥事 宮藤官九郎さんは「日本の顔」として他人事ではない

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

愚行と芸を切り分けて

   この決めぜりふに続き、宮藤さんの「マジすか!」という言葉で本作は終わる。自分が宣伝している商品を店に置いてくれたことへの感謝と、自分のカオがそこまで世間に知られている現実への狼狽。二つがブレンドされた正直な「マジすか!」だろう。

   私も長らくメディアで仕事をしてきたが、幸いそれほど顔を知られていないという意味では「無名」のカテゴリーに入る。だから、新聞社をやめてからは晴れて自由人である。それに比べ、名も顔も売れた人たちの苦労と緊張は大変なものだと思うのだ。

   宮藤さんは、制作者の立場から「日本だと謹慎、すなわち仕事を奪われる事が罰と見なされる。やっぱ芸能の仕事ってラクして儲けてると思われてるんだろうか」と嘆く。

   昨今は、何かあれば未公開の作品や番組がお蔵入りの危機に晒され、昔の出演作にまで累が及ぶことさえある。作品を丸ごと葬るなど、私だって納得いかない。

   もちろん俳優だろうが芸人だろうが、有名人だからといって甘やかすことはない。ナントカは芸の肥やしと許される時代でもなかろう。ただ、愚行と「芸」は可能な限り、それがオンリーワンならなおさら、ギリギリのところまで切り分けて評価したい。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!