2020年 10月 23日 (金)

水辺の有効活用を官民一体で考え発信 「ミズベリング」史上最大規模のイベント

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   日本各地の「水辺」の有効活用を掲げるプロジェクト「ミズベリング」は、河川空間の活用に取り組む人々のモチベーションを高めることを目的としたイベント「ミズベリングフォーラム202020」を2020年2月20日、東京・港区の竹芝ニューピアホールで開催した。

  • 全国の「水辺」を紹介するフォーラム開催
    全国の「水辺」を紹介するフォーラム開催
  • 全国の水辺の利活用事例を紹介
    全国の水辺の利活用事例を紹介
  • 信濃川沿いのアウトドア空間を手がけた企業担当者のプレゼン
    信濃川沿いのアウトドア空間を手がけた企業担当者のプレゼン
  • 全国の「水辺」を紹介するフォーラム開催
  • 全国の水辺の利活用事例を紹介
  • 信濃川沿いのアウトドア空間を手がけた企業担当者のプレゼン

2019年は「水辺の力がメディアに評価されだした」

   ミズベリングは国土交通省や民間企業、市民などが参画する官民一体型のプロジェクト。2014年の発足以来、水辺を活用したイベントや水辺について考えるワークショップ、シンポジウム、イベントを実施してきた。

   「ミズベリングフォーラム202020」は、ミズベリングの活動では史上最大規模のイベントとなった。前半は、19年8月に東京・港区の東京湾沿いに開業した船客待合所と飲食店の複合施設「HI-NODE」や、同月に福岡市を流れる那珂川沿いに開業した飲食施設「ハレノガーデン」など、19年における「水辺」の利活用事例をミズベリング事務局の担当者が紹介。「例年になく、今までにない水辺の新スポットが全国で開業した。水辺の力がメディアに評価されだした年だった」と振り返った。

   全国のダムで配布される「ダムカード」の制作に携わった国土交通省の三橋さゆりさんや、星野リゾート、竹中工務店といった民間企業の担当者らによるプレゼンショーも行なわれた。信濃川沿いのアウトドア空間「やすらぎ堤」をプロデュースしたアウトドアブランド・スノーピーク(本社:新潟県)の荒巻翔太さんは、プレゼンの中で「地域のふれあいの場になって笑顔が生まれていく」と、水辺での活動を通じた「笑顔づくり」の魅力を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!