2020年 11月 24日 (火)

みずみずしい「ブランドイチゴ」食べ比べ 「G6苺サミット2020」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   果物のある生活を提唱する団体「FRUITS LOVERS LIFE(フルーツラバーズライフ)」は2020年2月10日、おいしいイチゴを食べながら、イチゴについて学ぶ「G6苺サミット2020」を開催した。

   参加料金を支払って当日限定のイチゴメニューを味わうスタイルで、モモやブドウなども開催しており、イチゴでは今回で3回目となる。100人限定チケットが事前に完売となる人気イベントだ。

   会場となったイベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」(東京都渋谷区)には、奈良県「古都華」、和歌山県「毬姫様」、栃木県「とちおとめ」「スカイベリー」、大分県「ベリーツ」、熊本県「ゆうべに」、鹿児島県「淡雪」の6産地から厳選された「ブランドイチゴ」が集結し、食べ比べやドリンク、パフェなどとして参加者に振る舞われた。

  • 後半はベリーツ、ゆうべに、淡雪とブランドイチゴの食べ比べ
    後半はベリーツ、ゆうべに、淡雪とブランドイチゴの食べ比べ
  • 前半はスカイベリー、古都華、毬姫様とブランドイチゴの食べ比べができる
    前半はスカイベリー、古都華、毬姫様とブランドイチゴの食べ比べができる
  • ストロベリーバンズ、苺のトライフル、わかやまポンチなど、テーブルの上はイチゴスイーツやドリンクが所狭しとばかり並んだ
    ストロベリーバンズ、苺のトライフル、わかやまポンチなど、テーブルの上はイチゴスイーツやドリンクが所狭しとばかり並んだ
  • 6産地のブランドイチゴ食べ比べ
    6産地のブランドイチゴ食べ比べ
  • イチゴの産地の人の話を聞きながらイチゴを食べる
    イチゴの産地の人の話を聞きながらイチゴを食べる
  • イチゴのピザやいちごのサラダも追加料金で注文できる
    イチゴのピザやいちごのサラダも追加料金で注文できる
  • イチゴ産地の担当者から出される〇×ゲームで会場は大盛り上がり
    イチゴ産地の担当者から出される〇×ゲームで会場は大盛り上がり
  • フルーツブーケ専門店、プレジールのイチゴのブーケ
    フルーツブーケ専門店、プレジールのイチゴのブーケ
  • イチゴのブーケは1本ずつ参加者に手渡された
    イチゴのブーケは1本ずつ参加者に手渡された
  • タカノフルーツパーラーのスタッフがスペシャルイチゴスイーツを提供
    タカノフルーツパーラーのスタッフがスペシャルイチゴスイーツを提供
  • 奈良県のマスコットキャラクター、せんとくんも応援に駆けつけた
    奈良県のマスコットキャラクター、せんとくんも応援に駆けつけた
  • 後半はベリーツ、ゆうべに、淡雪とブランドイチゴの食べ比べ
  • 前半はスカイベリー、古都華、毬姫様とブランドイチゴの食べ比べができる
  • ストロベリーバンズ、苺のトライフル、わかやまポンチなど、テーブルの上はイチゴスイーツやドリンクが所狭しとばかり並んだ
  • 6産地のブランドイチゴ食べ比べ
  • イチゴの産地の人の話を聞きながらイチゴを食べる
  • イチゴのピザやいちごのサラダも追加料金で注文できる
  • イチゴ産地の担当者から出される〇×ゲームで会場は大盛り上がり
  • フルーツブーケ専門店、プレジールのイチゴのブーケ
  • イチゴのブーケは1本ずつ参加者に手渡された
  • タカノフルーツパーラーのスタッフがスペシャルイチゴスイーツを提供
  • 奈良県のマスコットキャラクター、せんとくんも応援に駆けつけた

限定メニューのイチゴピザも

   会場に入ると、ウエルカムドリンクとしてカットした奈良県「古都華」が浮かんだ奈良県の「古都のあわ」とイチゴのミルクティーが手渡された。「古都のあわ」は奈良県のブランドイチゴ「古都華」だけを使ったスパークリングワインだ。

   テーブルにつくとウエルカムフードの新宿高野の「特製苺プレート」が出てきた。熊本県「ゆうべに」を使った「苺のトライフル」、大分県産「ベリーツ」をスライスして挟んだストロベリーバンズ、和歌山県「まりひめ」を使った「わかやまポンチ」、鹿児島県「淡雪」に季節の野菜を組み合わせた「いちごのパワーサラダ」とイチゴのメニューが盛りだくさん。

   前半は栃木県産「スカイベリー」、奈良県「古都華」、和歌山県「毬姫様」の食べ比べプレート。後半は大分県産「ベリーツ」、熊本県産「ゆうべに」、鹿児島県産「淡雪」の食べ比べも。どれもみずみずしくて甘い。あっという間に完食してしまった。

   追加注文できる限定メニューは、イチゴのピザ、イチゴのサラダ、イチゴのミニパフェだ。会場内のオープンキッチンでパティシエたちが栃木県「とちおとめ」を使ったタカノフルーツパーラー オリジナル ミニパフェを作り始めると、多くの参加者が集まってきて熱心に写真を撮っていた。パフェは生クリームの甘さが控えめで、その分イチゴ本来の甘さがしっかりと感じられた。

   イベントでは各産地代表者がトークショーを行い、それぞれのブランドイチゴの魅力や、産地の特徴をステージから熱くプレゼンした。「○×クイズ大会」も開かれ、参加者たちは各産地にまつわる景品を巡り、「〇」や「×」の札を挙げて回答していた。

   会計をして会場を出ると奈良県のマスコットキャラクター、せんとくんが見送りに。参加者は喜んで撮影したり、一緒に写真に収まったりしていた。



(2020年3月2日16時追記)内容に一部誤りがあったため、修正しました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!