2020年 9月 20日 (日)

関西出身者なら思わずニヤリ 「あるある」がおもろい「関西電気保安協会」ウェブ動画

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   「関西電気保安協会」――この言葉を、あなたは普通に音読することができるだろうか。リズムに乗せて読んでしまうなら、立派な「関西人」だ。

   電気設備の点検や保安管理業務を行う一般財団法人関西電気保安協会(大阪市)は、2020年3月2日に同協会の公式ユーチューブチャンネルで、ウェブ動画「ある日突然関西人になってしまった男の物語」の0話から2話を公開した。「関西あるある」を詰め込んだ各15秒、全12話からなる連続ショートコメディードラマとなっている。

  • ある日突然関西人になってしまった男の物語
    ある日突然関西人になってしまった男の物語
  • ある日突然関西人になってしまった男の物語

目を覚ますと「急性の関西人」に

   動画では、関西とは縁もゆかりもない主人公の男性、西尾学がある日突然「関西人」になったことで起こるエピソードをユーモラスに描いている。また、関西電気保安協会の実際の職員も、主人公の日常を温かく見守る存在として全話に登場する。

   3月2日に公開された0話から2話では、関西に転勤してきた主人公が急に関西人になってしまった様子を収めている。

   主人公が街を歩いていると、女性が「関西の方ですか?」と声をかけてくる。転勤でこっちに来た、と答えると「だったらぜひ」と手渡される謎のCD。再生すると、独特なメロディーで「関西電気保安協会」という言葉が延々と流れる。

   それを聴いた主人公が翌朝目を覚ますと、なぜか関西弁のツッコミを操る関西人へと変わっていた。そして、動揺する中検査を受けた彼は、「急性の関西人」と診断される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!