2021年 7月 27日 (火)

早熟の天才F.クライスラー 米国で着想した「中国の太鼓」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

4分に満たない小品も「おしゃれ」な感じが満載

   そんなクライスラーが、1910年、自らの演奏会で演奏するために書いた小品が「中国の太鼓」です。曲は、伴奏のピアノが太鼓を模した同じ音の連打で始まり、その上でヴァイオリンが中国風で軽やかなメロディーを奏でる主部でスタートします。中間部は、中国の伝統楽器の模倣のような、ゆったりとした旋律がヴァイオリンパートに現れます。再び、冒頭と同じ軽快なパッセージが回帰して、最後は軽い足取りで遁走するようなユーモラスな表現で終わる・・・という4分に満たない小品なのですが、ヴァイオリンの超絶技巧を必要とする華やかさや、コミカルさと優雅さがほどよくブレンドされた「おしゃれ」な感じが満載です。現在でも、「美しきロスマリン」や「愛の喜び」といった曲と並んで、クライスラーのヴァイオリン・ピースとして愛好され、頻繁に演奏会で取り上げられます。

   日本にやってきたときと同じ時期に、中国でも演奏旅行を行っているクライスラーですが、「中国の太鼓」・・・実はこの原題はフランス語でつけられています(クライスラーの母国語はドイツ語です)・・・を作曲した時には、中国はまだまだ「はるか彼方のアジアの大国」でした。

   実は、クライスラーはこの曲を、米国サンフランシスコのチャイナタウンを訪れたときに着想していたのです。非アジア圏では最大規模の、そして、全米で最古でもあるサンフランシスコの中華街は、日本の歌謡曲にも歌われたぐらい有名で、彼は全米ツアーの時に訪れ、中国劇場で中国風の演劇を楽しみ、あたかも中国に居るかのような雰囲気を味わい、楽想が湧いたのです。もちろん、優れた作曲家であったクライスラーは、単純にそこで聞いた旋律をそのまま自作に拝借する、というようなことはしていません。あくまで、彼が考える「中国的な雰囲気」を持ったファンタジーを、楽しみながら作曲したのです。それは、「欧州人から見た中国」かもしれませんが、中国の京劇の音楽などに見られるリズミカルさを要素として取り入れつつ、優雅で小粋な・・・つまり彼の故郷ウィーンに通じる雰囲気も盛り込んだ「中国の太鼓」は、国境を超えて人気曲となったのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!