2020年 6月 4日 (木)

リコーのビジネス向け360度カメラ 室内や車内の撮影に

印刷

   リコーおよびリコーイメージングは、ビジネス向けモデルの360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ) SC2 for Business」を2020年3月中旬に発売する。

  • ビジネスユースに適する機能搭載
    ビジネスユースに適する機能搭載
  • ビジネスユースに適する機能搭載

撮影者が映り込むのを防げる「セルフタイマー」

   専用のグレーの本体色に、室内や車内での撮影に適するというHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)設定で撮影できるモード「Room」を搭載。前面と背面レンズで時間差を付ける「セルフタイマー」機能が利用でき、三脚などに本機を固定することで撮影者が映り込むのを防げる。室内の撮影が多い不動産業や、車内を撮影する自動車販売業などビジネスユースに適するという。

   ベースモデル「RICOH THETA SC2」同様、約1400万画素相当の360度静止画、4K(3840×1920ピクセル)相当、毎秒30コマの360度動画の撮影(最大3分間)に対応。

   下部に0.5型有機ELディスプレーを備え、設定モードやスマートフォンとの接続状態、電池残量などの情報がひと目で確認できる。「セルフタイマー」モードへの切り替えボタンを備えるなど単体での操作がしやすい。

   容量約14GBのメモリーを内蔵。USBケーブル、専用ケースが付属する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!