2020年 5月 29日 (金)

4K衛星放送を全自動録画 BDレコーダー「全自動ディーガ」2モデル

印刷

   パナソニックは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「全自動ディーガ」シリーズ2モデルを2020年3月13日に発売する。

  • 4K衛星放送も全録で見られる時代が到来
    4K衛星放送も全録で見られる時代が到来
  • 4K衛星放送も全録で見られる時代が到来

4K放送1チャンネルを最大13日間録画

   全自動録画モデルでは業界初だという4Kチューナー2基を内蔵。4K衛星放送の2番組同時録画が可能なほか、4K衛星放送1チャンネルを自動録画する「チャンネル録画」にも対応する。

   ハードディスク容量10TBの上位モデル「DMR-4X1000」と同6TBのスタンダードモデル「DMR-4X600」を用意。「DMR-4X1000」はハイビジョン放送8チャンネル×28日間、4K衛星放送1チャンネル×13日間、「DMR-4X600」はハイビジョン放送4チャンネル×28日間、4K放送1チャンネル×7日間の自動録画が可能。録り逃しなく後から選んで見られる。

   無料のスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を使用すれば、録画済みの番組やリアルタイムの放送が外出先からでも視聴できる。自動録画した4K衛星放送の番組も楽しめるよう同アプリが進化。音声による番組予約や検索、再生などの操作にも対応した。録画番組に加え本機に保存した写真や動画、音楽もアプリから楽しめる「おうちクラウド機能」を備える。

   このほか、地上/BS/110度CSデジタル放送を最大6チャンネル×16日分を自動録画できる、4Kチューナー非搭載モデル「DMR-2X200」も同時発売する。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!