2020年 7月 4日 (土)

日本のチーズ2品「銀賞」獲得 国際コンテスト「World Championship Cheese Contest2020」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   世界各地のチーズが集結する国際コンペティション「World Championship Cheese Contest (WCCC)2020」が2020年3月3日から5日に米ウィスコンシン州で開催された。

   日本からは16工房が28品を出品。うち、佐渡乳業(新潟県)の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」とリトルグリークキッチン(沖縄県)の「マリネード読谷ティリー」が、カテゴリー別で2位の「シルバー」(銀賞)を受賞した。

  • 「World Championship Cheese Contest (WCCC)2020」
    「World Championship Cheese Contest (WCCC)2020」
  • 銀賞を受賞した「農場カマンベール雪の花みそ漬け」
    銀賞を受賞した「農場カマンベール雪の花みそ漬け」
  • 銀賞を受賞した「マリネード読谷ティリー」
    銀賞を受賞した「マリネード読谷ティリー」
  • 世界のチーズがずらりと並ぶ
    世界のチーズがずらりと並ぶ
  • 2日間にわたり審査が行われた
    2日間にわたり審査が行われた
  • 最終日に行われた試食会の日本のブース
    最終日に行われた試食会の日本のブース
  • 「World Championship Cheese Contest (WCCC)2020」
  • 銀賞を受賞した「農場カマンベール雪の花みそ漬け」
  • 銀賞を受賞した「マリネード読谷ティリー」
  • 世界のチーズがずらりと並ぶ
  • 2日間にわたり審査が行われた
  • 最終日に行われた試食会の日本のブース

「日本のチーズを初めて食べたがとてもおいしい」

   WCCCは、米国内を対象とするコンテストと全世界を対象とする国際コンテストを毎年交互に開催している。2020年は国際コンテストが開かれ、26か国から合計3667品がエントリーした。

   審査は2日間にわたり、123ものカテゴリーに分けられたチーズがテーブルにずらり。チーズの専門知識をもつ55人の審査員が、それらを真剣に吟味した。カテゴリーごとに上位3位が選出され、1位の「ゴールド」に輝いたチーズはファイナル審査に進んだ。

   「SOFT RIPENED CHEESES,FLAVORED」のカテゴリーで銀賞を受賞した佐渡乳業「農場カマンベール雪の花みそ漬け」は、新潟・佐渡産の生乳から手造りされたカマンベールチーズだ。たまりみそに漬けられ、豊かな香りと白カビの余韻が楽しめる。「FETA,FLAVORED」のカテゴリーで銀賞を受賞したリトルグリークキッチン「マリネード読谷ティリー」は、沖縄県産の生乳から造られたフレッシュチーズをオイル漬けにしたもの。

   コンテスト最終日の3月5日には、一般向けに試食イベントが行われた。約800人の参加者で試食ブースは大盛況。日本から出品したチーズも、ブースで宣伝された。試食した人からは「日本のチーズを初めて食べたがとてもおいしい」という感想があがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!