2020年 5月 29日 (金)

パナソニックのロボット掃除機「RULO」 レーザーによる空間認識でより効率よく丁寧に

印刷

   パナソニックは、ロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RSF1000」を2020年3月下旬に発売する。

  • さらに賢く、人との協調性が高まった新「RULO」
    さらに賢く、人との協調性が高まった新「RULO」
  • さらに賢く、人との協調性が高まった新「RULO」

リフトアップして段差を乗り越え

   業界トップクラスだというレーザーセンサーによる空間認識技術「レーザーSLAM」を搭載。360度全方位の間取りと室内環境、自己位置を素早く正確に把握でき、従来のカメラ式と比べ効率よく丁寧な走行が可能になった。また高い自動走行技術と障害物回避技術により、ズレやエラーを抑えて部屋中くまなく掃除を完遂できるという。

   最大25ミリの段差や、ラグなどの障害物を「フロント3Dセンサー」で検知し、本体を自動的に持ち上げてスムーズに乗り越える「アクティブリフト機能」を業界初搭載。走行可能な範囲が広がったとのことだ。

   「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカーからの音声操作に対応。加えて人の足の動きを認識して付いていき、任意の場所を掃除できる「otomo(おとも)機能」も業界初搭載。

   集じん容積は0.25リットル。約5時間の充電で最大稼働面積は約120畳、連続使用時間は約100分。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!