2020年 6月 2日 (火)

重さ61グラム 手の小さいユーザーでも持ちやすいゲーミングマウス

印刷

   ゲーミング機器などを手がけるRazer(レイザー、米国およびシンガポール)は、ゲーミングマウス「Viper Mini(ヴァイパー・ミニ)」を、2020年3月19日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売した。

  • 軽量・コンパクトサイズにゲームプレイを有利にする各種機能を満載
    軽量・コンパクトサイズにゲームプレイを有利にする各種機能を満載
  • 軽量・コンパクトサイズにゲームプレイを有利にする各種機能を満載

応答速度が速く高耐久の光学式スイッチ

   従来モデル「Viper」より長さは約8ミリ、幅は約4ミリ狭くし、手の小さいユーザーでも持ちやすいデザインを採用。また重さ61グラムと同ブランド史上最軽量クラスを実現し、指先の動きだけで素早く対応しやすい"つまみ持ち"でも疲れにくく快適にプレイできるという。

   スイッチは物理的な接点のない光学式「Razer オプティカルマウススイッチ」を搭載し、応答速度0.2ミリ秒、耐クリック数は5000万回を実現。ソール部分はフッ素樹脂「PTFE」100%素材を使用し、高い耐久性に加え摩擦係数が低いため、滑りの良い状態を長く維持できるという。ケーブルはしなやかで断線しにくい「Razer Speedflexケーブル」を採用する。

   プログラム可能なボタン6個を備え、「Razer Synapse 3」ソフトウエアを使用してマクロを自由に割り当てられるほか、DPIやバックライトなどの設定が可能。プロファイルはマウス本体に保存でき、異なる環境でも設定を持ち出してプレイが楽しめる。

   インターフェイスはUSB。カラーはブラック。

   価格は4800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!