2020年 6月 4日 (木)

「エヴァ」を操作して戦うスマホゲーム アプリ連動のゲーミングトイも

印刷

   アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズが題材のスマートフォン向けゲーム「エヴァンゲリオンバトルフィールズ」が2020年3月26日、サービス開始となる。

  • ゲームとリアルを融合させて戦う新感覚スマホアプリ
    ゲームとリアルを融合させて戦う新感覚スマホアプリ
  • ゲームとリアルを融合させて戦う新感覚スマホアプリ

他プレイヤーとのリアルタイムバトル

   プレイヤーは「エヴァンゲリオン」を操作し、3Dグラフィックで描かれたフィールドで戦うバトルゲーム。「エヴァ」やパイロットを育成し、他プレイヤーとのリアルタイムバトルが楽しめる。オリジナルのエピソードも展開するという。

   タカラトミーアーツからは、アプリと完全に連動するゲーミングトイ2種も同時発売する。「リードコントローラー」は、エヴァンゲリオンの上半身モデル型の専用コントローラー。スマートフォンとBluetooth接続し、後頭部に手を入れてマウスのような操作で、バトル中の複雑なボタン操作が片手で直感的に行えるという。

   「初号機Ver」「零号機(改)Ver」2種類を用意する。

   価格は4980円(税別)。

   また、ゲーミングフィギュア「シーズン1」全12種は、同作の登場キャラクターをかたどったフィギュアで、バトルで活躍する「パイロット」、バトルの勝敗に影響を与えうるという「サポート」の2タイプがある。

   それぞれに異なる特殊効果を備えたIDチップを内蔵し、リードコントローラーの両肩部分にセットすることで瞬時にデータが反映され、ゲーム内のキャラクターのパラメーターが上昇。シーンに合わせてタイミングよく読み込ませることでゲームを有利に進められるという。

   価格は各750円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!