2020年 5月 30日 (土)

■高松宮記念「カス丸の競馬GI大予想」
短距離専門かグランアレグリアか?

印刷
trend_20200327152331.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。春のGIがついに始まるよ。でも、新型コロナウイルスのせいで、無観客レースが続くじぇい。観客がいないのは、馬にとってはいいと思うけど、やっぱりちょっと寂しいじぇい。ともかく人間様はスタンドでうるさすぎたきゃすう。スタート前にはラッパをがんがん鳴らすし、レースが始まる前からぎゃあぎゃあ騒ぐし、馬は繊細な動物なんだからもっと静かに応援してほしいきゃすう。コロナ騒ぎでやっとレースが静かになったじぇい。馬たちはきっと喜んでいるきゃすう。

trend_20200327152402.jpg

1200メートル未経験の実力馬が次々と参戦

   カスヨ 珍しく前置きが長いわね、カス丸。今週のレースは高松宮記念(2020年3月29日、中京競馬場、芝1200メートル)よ。人間様の世界でいえば、100メートル競走ね。春の短距離(スプリント)チャンピオンを決めるレースだわ。無観客だから、実力通りに強い馬が勝ちやすいという声もあれば、やっぱり荒れるレースは荒れるという声もあり、どっちが本当なのか分からないわね。でも、今年は異種格闘技みたいね。1200メートル専門の有力馬がそろった一方で、1200メートルを一度も走ったこともない中距離勢のGI馬たちも殴り込みをかけてきたから、結構、おもしろいメンバーになったわね。

   カス丸 異種格闘技の代表がグランアレグリアだよ。爺が本命◎にしてるじぇい。

   ガジュマル爺 そうじゃ。ともかくこの馬は昨年暮れにあった阪神カップ(GII、阪神、1400メートル)で圧勝したのが強烈じゃった。ディープインパクトの仔で、スピードは超一流なんじゃが、ともかくスタートして行きたがるところが強く、制御が難しい馬なんじゃ。1200メートルは初めてじゃが、そんな気性が逆にこのレースには合うかもじゃ。スピードだけなら、このメンツでもダントツなのは間違いないんじゃから。

   カスヨ わたしは単穴▲よ。確かにスピードだけを考えれば、あっさり勝つかもしれないわね。でも、中京コースが左回りという点がちょっと疑問なのよね。2歳の時の左回りレース、サウジアラビアロイヤルカップ(GIII、東京、1600メートル)は2着に3馬身差をつけての圧勝だったけど、同じ舞台のGIでレベルがあがったNHKマイルカップでは5着(4着降着)に負けているわ。さっきの阪神カップは右回りで圧勝だったけど、今度は左回りだから、同じようにキレ味が発揮できるかとなると、競馬はそう単純ではないわ。それと週末は雨予報なのよね。この馬はデビュー6戦してすべて良馬場を走ってきたので、湿った馬場がうまくこなせるか、ちょっと予想がつかない点も不安ね。だからわたしの本命◎は馬場が湿っても大丈夫なモズアスコットよ。ここ2走はGIIIの「根岸ステークス」とGI「フェブラリーステークス」と、いずれも中京競馬場と同じ左回り(東京)のダート重賞を連勝して絶好調よ。パワーがあるし、雨が降っても平気よ。気になる点といったら、3月にオーストラリアに遠征する予定がコロナ騒動で行けなくなったことね。計画が狂ったのは想定外だったけど、馬の実力には影響がないはずよ。

   ガジュマル爺 相変わらずカスヨは読みが甘いな。モズアスコットという馬は芝で使い物にならなくなったんで、ダートに転向したんじゃ。たまたまダートで2連勝したからといって、芝の高松宮記念に戻って勝てるとでも思っておるんじゃろうか。カスヨだけでなく、陣営が何を考えておるのかさっぱりわからんわい。芝がダメでダートを走ったら勝てたという馬は昔から何頭もおるんじゃが、ダートで勝てたから芝に戻れば同じように勝てるというほど競馬は甘くはないんじゃ。何を考えておるんじゃと、腹が立つわい。しかも海外遠征がダメになったから、急遽、走ったこともない1200メートルの短距離に出るとは行き当たりばったりもいいところじゃ。競馬をバカにしとるんかと言いたいわい。わしは同じモズはモズでもモズスーパーフレアを推すぞ。対抗〇じゃ。ともかく逃げる力は抜群。秋(2019年9月)の短距離王者を決めるスプリンターズステークス(GI、中山、1200メートル)では逃げに逃げて2着じゃ。稍重の馬場でも勝ったことがあるから、雨は大丈夫。今回は逃げる馬が他に見当たらんから、思いっきり走れるはずじゃ。外枠の16番に入ったのが残念なんじゃが......。

   カス丸 カスヨさんの対抗〇はノームコアだよ。これも1200メートルが初の異種格闘技組だじぇい。

   カスヨ そうね。ノームコアは1400メートルどころか一番短いレース経験が1600メートルね。いきなり400メートルも短いレースはちょっと馬自身にも違和感が出るかもね。でも、この馬の差し脚は鋭いわよ。去年のヴィクトリアマイル(GI、東京、1600メートル)も富士ステークス(GIII、東京、1600メートル)も上がり3ハロン(最後の600メートル)がともに33秒2で、いずれも1着。しかも湿った馬場でも、この速さだったのだから直線の長い中京競馬場には合うはずよ。モズスーパーフレアが、がんがんレースを引っ張ってくれれば、この馬がきっと差してくるわよ。

タワーオブロンドンは左回りがカギ

trend_20200327152431.jpg

   カス丸 秋の短距離王者、タワーオブロンドンの名前がまったく出ないじぇい。どうなってるきゃすう?

   カスヨ わたしは押さえ△よ。タワーはね、左回りが疑問なのよ。この馬はデビューして15戦。うち馬券を外したのがたった2回しかないのよね。まあ、強いということなんだけど、その2回というのが左回りの東京競馬場なのよ。今回はステップレースのオーシャンステークス(GIII、中山、1200メートル)を使ってきてローテーションはいいわね。斤量58キロを背負って3着だったんだけど、まあ休み明けを叩いて良くなるタイプだから、ここでも実力は発揮すると思うけど、どうも左回りが気がかりなのね。そのオーシャンSで2着だったのがナックビーナスね。7歳の牝馬だけど、まだまだ絶好調よ。2年前には3着にもなっているし、この舞台でも無視できないわね。

   ガジュマル爺 わしもタワーは押さえ△じゃ。それよりもオーシャンSでタワーに勝ったダノンスマッシュに触手が動くんじゃ。わしは単穴▲。最後まで騎手が決まらなかったが、オーシャンSで勝利に導いた川田騎手に決まったから、こちらのほうが期待できるはずじゃ。タワーはずっとルメール騎手が乗ってきたんじゃが、この馬はなかなか操縦が難しいところがあるようじゃから、乗り替わりの福永騎手がうまく制御できるかどうか、疑問もあるわい。あと、わしが注目しとるのは、ステップレースのシルクロードステークス(GIII、京都、1200メートル)を勝ったアウィルアウェイじゃ。この馬も差し脚が鋭いんじゃ。それとGI馬のステルヴィオじゃな。これも異種格闘技組じゃが、父はかつての短距離王者、ロードカナロアじゃから問題ないじゃろ。こっちも差し脚が鋭いんじゃ。最後は中京を得意とするグルーヴィットじゃな。中京は重賞レースを2回走って1、2着。こういうまったく注目されておらん馬が穴を開けるんじゃ。

   カスヨ 中京に強いというならセイウンコウセイよ。3年前には優勝し、昨年は12番人気で2着よ。7歳とはいえ、まだまだ元気だし、絶好の大穴候補よ。

   カス丸 うーん、春のGIは最初から難しいじぇい。短距離スペシャリストか殴り込み組か。でもGIは最高レベルのレースなんだからスペシャリストきゃすう。5歳になって力をつけてるダノンスマッシュが本命◎だじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!