2020年 5月 30日 (土)

タイガースと甲子園テーマのデザイン車両 阪神武庫川線

印刷

   阪神電気鉄道(大阪市)は、武庫川線で「野球」にちなんだデザイン車両を2020年5月末に運行開始する。

  • 武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両
    武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両
  • 武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両
    武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両
  • 武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両
  • 武庫川線で「野球」にちなんだデザインの新車両

黄色と黒ベースの「タイガース号」

   導入する車両は、これまで本線と神戸高速線で各駅停車として運行してきた普通用車両5500系を武庫川線で運行するため改造するとともに、外装と内装を新たなデザインに変更した。

   武庫川線は西宮市内を運行しており、阪神甲子園球場や鳴尾浜球場が隣接することから、「野球」にちなんだ「阪神タイガース」と「阪神甲子園球場」をテーマにデザインした2編成が完成したという。

   全編成共通として、運行予定の武庫川線の路線図を「武庫川」の文字にアレンジしたシンボルマークを前部と側面にあしらっている。

   阪神タイガースをモチーフとした「タイガース号」は、阪神タイガースをイメージさせる「黄色」と「黒色」をベースに、内装はユニフォームをイメージした壁面デザインとした。さらに、阪神タイガースのシンボルマークを内外装の随所にあしらっている。

   阪神甲子園球場をモチーフとした「甲子園号」は、甲子園球場の蔦、芝、白線をイメージさせる「緑色」と「白色」をベースに、床面には甲子園球場の土、マウンドなどを、壁面には球場外壁のレンガをイメージしたデザインとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!