2020年 9月 19日 (土)

季節を満喫できない今、聞きたい 故郷の春を懐かしんだグリーグ「春に寄す」

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   新型コロナウィルスによる感染症拡大を少しでも食い止めるため、日本の大都市圏にも緊急事態宣言が出され、世界を見渡せば、依然として全世界の人口の半分近い人達が「外出制限」となっています。

   日本はちょうど桜の季節。本来なら、花を愛で、春を感じる良い季節ですが、「必要最小限の外出」しかしてはいけない時期ですので、少し残念ですね。しかし、春は来年もやってくるので、「かけがえのない誰かの命」・・ひょっとしてそれは自分かもしれませんが、それを守るためには、いまは厳冬の時期のように、家にじっとこもっている必要があるのかもしれません。

   今日は、頭の想像の中だけでも、春を感じることのできる1曲に登場してもらいましょう。ノルウェーを代表する作曲家、エドヴァルド・グリーグのピアノ曲、「春に寄す」です。

  • グリーグの肖像画(ウィキメディア・コモンズより)
    グリーグの肖像画(ウィキメディア・コモンズより)
  • グリーグの肖像画(ウィキメディア・コモンズより)

「北欧のショパン」と呼ばれることも

   欧州諸国は日本に比べると、はるかに高緯度地帯の国々です。同じ北半球でも、なかなか太陽の光が強くならず、冬は厳しいので、クラシック音楽には、「春を待ち焦がれる」というようなテーマの曲が大変多くなっていますが、その中でもグリーグのこのピアノ曲は、ひときわ有名です。

   まだ独立国になる前・・・北欧の強国であるスウェーデンにノルウェーが連合王国として事実上支配されていた1843年に、グリーグは第2の都市ベルゲンに生まれています。ノルウェーは、スウェーデンの支配に不満を持っていたため、文化の面では、ノルウェー賛美の作品が多く生み出されていました。彼は、そのような雰囲気の中、クラシック音楽の中心地の一つであったドイツの名門ライプツィヒの音楽院に留学し、その後、同じ北欧のデンマークのコペンハーゲンでも作曲の修行をします。30代なかばで祖国に戻ると、ノルウェーの民謡なども作品に取り入れ、「国民楽派」と呼ばれた欧州周辺国の文化・音楽を積極的に作品に取り込んでゆく作曲家となります。

   グリーグは、ピアノの演奏も得意でした。「北欧のショパン」と呼ばれることもあります。作曲家としての作品は、ショパンのようにピアノ作品だけに極端に偏っているわけではありませんが、有名なピアノ協奏曲を筆頭に、数々の印象的なピアノ作品を残しました。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!