2020年 7月 14日 (火)

ソニー「ブラビア」有機EL&液晶6シリーズ ネット動画も美しい高画質

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ソニーは、「ブラビア」ブランドから、4K有機ELテレビ「A8H」など2シリーズ、4K液晶テレビ「X9500H」など4シリーズを2020年4月18日から順次発売する。

  • 4K有機ELが2シリーズ、4K液晶が4シリーズ
    4K有機ELが2シリーズ、4K液晶が4シリーズ
  • 4K有機ELが2シリーズ、4K液晶が4シリーズ

映像と音が一体の臨場感

   いずれも、テレビ番組やネット動画など様々なコンテンツを美しく描き出す高画質プロセッサーの搭載に加え、大画面で課題とされる映像と音の乖離(かいり)を解消する独自の音響技術を採用するなど、映像と音が一体の臨場感ある視聴が楽しめる。

   全モデルにBS4K/CS4Kダブルチューナー、「Android TV」機能を搭載し、4Kを含めた放送波に加えインターネット動画アプリにも対応。iPhone/Androidスマートフォンのコンテンツを簡単にストリーミングおよびミラーリングができるなどの連携機能もさらなる充実を図ったという。

   有機ELモデル「A8H」「A9S」および液晶テレビのハイエンドモデル「X9500H」は高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。それぞれのパネルの特徴を存分に引き出した美しい映像が楽しめる。

   液晶テレビ「X8550H」「X8500H」「X8000H」3シリーズは高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載し、様々な映像をHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)相当にアップコンバートする「HDRリマスター」機能を実装する。

   音響面では、いずれも「Dolby Atmos」フォーマットに対応。「A8H」「A9S」両モデルは有機ELパネル自体を振動させて映像と音の一体感を生み出す「Acoustic Surface Audio」、49V型を除く「X9500H」「X8550H」両シリーズには、映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio」を搭載する。

   ラインアップと市場想定価格(税別)は、6月6日発売「A8H」シリーズの65V型「KJ-65A8H」が42万円前後、同55V型「KJ-55A8H」が28万円。7月25日発売「A9S」48V型「KJ-48A9S」が23万円。

   5月23日から順次発売「X9500H」シリーズは75V/65V/55V/49V型を用意し、40万円~23万円前後(49V型は価格未定)。5月16日から順次発売「X8550H」シリーズは65V/55V型の2モデル、25万円、17万円前後。4月25日から順次発売「X8500H」シリーズは49V/43V型の2モデル、15万円~13万5000円前後。

   4月18日発売「X8000Hシリーズ」は75V/65V/55V/49V/43V型を用意し、価格は25万円~9万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!