2020年 9月 28日 (月)

藤田ニコルを悩ます「髪の毛プリン」 新型コロナ怖くて美容院行けない

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。
「まじで髪の毛プリンなってきたし ネイルのびのび。。笑 リモート収録なのはありがたいけど、そろそろやばい、、」

   モデル・タレントの藤田ニコルさんが2020年4月17日、自身の髪色や爪についてツイッターでこう漏らした。長期化する外出自粛の影響で美容室などに行けず、ヘアカラーができないことから根元から新たな毛が生えて色の差が生じ、髪がカスタードプリンのようになってしまっているようだ。

  • 藤田ニコルさん(2016年撮影)
    藤田ニコルさん(2016年撮影)
  • 藤田ニコルさん(2016年撮影)

セルフカラーに挑戦した結果

   藤田さんのツイートには「理美容の利用での外出は不要不急には含まれません。我慢しなくて良いんですよっ!」、「自分で染めたりはしない??」など、さまざまな意見が書き込まれた。東京都の場合、理美容院は4月17日現在休業要請の対象外だ。

   ただ施術時、スタイリストとの距離はどうしても近くなる。感染リスクを恐れて自主的に行かないようにしている人は多いようだ。ツイッターには「だいぶプリンな状態で、毛量もすきたいし、毛先整えたいけど美容室はコロナが怖くて行きたくない」、「いい加減プリンがやばいけど美容室行くの怖いなー」と二の足を踏んでいる人の声がいくつもある。

   「プリン」状態に耐えかね、「セルフカラー」に挑戦する人も。「うんじゅう年ぶりにセルフカラーを(中略)綺麗に染まるし髪もさほど傷んではないみたい コロナが無ければ絶対しなかったこと... 無くすものばかりではないんだね。とチョット考えた朝」と成功して喜ぶ人もいれば、「うん年ぶりに市販の染め粉でセルフカラーしたけどバサバサなったからもう二度とせん。美容院の存在ってありがたいな...」と、思うように染められなかったことを悔やむ書き込みもあった。

   人目にさらされる仕事をしている人にとっては、悩ましい日々が続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!