2020年 9月 20日 (日)

ソニー「5G」対応スマホ「Xperia 1 II」 ZEISS採用トリプルレンズカメラ

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ソニーは、第5世代移動通信システム「5G」対応のスマートフォン「Xperia 1 II(エクスペリア・ワン・マークツー)」を2020年4月下旬以降に順次発売する。

  • ソニーの「5G」対応フラッグシップ(写真はNTTドコモモデル)
    ソニーの「5G」対応フラッグシップ(写真はNTTドコモモデル)
  • ソニーの「5G」対応フラッグシップ(写真はNTTドコモモデル)

4Kコンテンツもスムーズにストリーミング再生

   「5G」の「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」に対応し、縦横比21:9の約6.5型4K(3840×1644ドット)有機ELディスプレーを搭載。5Gの高速通信により4Kコンテンツのスムーズなストリーミング再生が可能だ。独自UI(ユーザーインターフェイス)による2画面同時表示「21:9マルチウィンドウ」を実装する。

   同社のデジタル一眼カメラ「α」シリーズで培った技術により、AF(オートフォーカス)/AE(自動露出制御)追従最高20コマ/秒の高速連写を実現。ZEISS(ツァイス)レンズを新たに採用した、いずれも1220万画素の標準/望遠/超広角「トリプルレンズカメラ」、暗いシーンでも物体を立体的に検知しAF性能を高める「3D iToFセンサー」を搭載する。前面カメラは800万画素。

   21:9の縦横比で映画のような質感や色表現の撮影が楽しめる「Cinematography Pro」を搭載。毎秒24/25/30/60コマの4K 10bit HDR撮影、毎秒120コマの2K 10it HDRのハイフレームレート撮影が可能。独自の音源分離技術で風雑音のみを除去できる「インテリジェントウィンドフィルター」を新たに備え、低ノイズのクリアな録音が行える。

   OSは「Android 10」をプレインストール。メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。microSDXC(最大1TB)対応。IPX5/8防水、IP6X防塵性能を備える。

   インターフェイスはUSB Type-C、「Qi(チー)」準拠のワイヤレス充電に対応。ワンセグ/フルセグ、NFC(近距離無線通信)などの機能を装備。バッテリー容量は4000mAh。Bluetooth 5.1をサポートする。

   カラーはブラック、ホワイト、パープル(NTTドコモモデルのみ)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!