2020年 9月 20日 (日)

シャープ「マスク発売」で珍問続々 「5G対応?」「TV見られる?」に名回答

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   シャープは2020年4月21日、特設サイトでマスクの販売を開始した。ひとり1箱のみ、購入後3日間は買えないルールで税抜・送料別で50枚2980円だ。マスク品薄が続く中、消費者の期待は大きい。

   同社公式ツイッターが4月20日、マスクの発売について伝えると感謝と歓迎のリプライが殺到。中には、およそ「不織布マスク」とは関係ない、でもシャープに聞いてみたそうな"珍問"も数多く見られ、リプライ欄は「大喜利」状態だ。

  • マスクの販売開始したシャープのツイッターに「珍質問」殺到
    マスクの販売開始したシャープのツイッターに「珍質問」殺到
  • マスクの販売開始したシャープのツイッターに「珍質問」殺到

「世界の亀山モデル」ならぬ「三重の多気モデル」

「これはBluetooth対応ですか?」
「録画機能はついていますか?」
「プラズマクラスター付きですか!?」

   実際にシャープアカウントに寄せられた質問だ。電機メーカー相手だからこその「おふざけ」に、ツイッター担当者はユニークに受け答えしている。例えば前述の質問に対しては、それぞれこう切り返した。

「対応したところでなにをする気だい?」
「マスクに録画機能いる?」
「ついてればいいなとは思います」

   「5Gには対応してますか?」と聞く人もいる。すると担当者はシャープ「AQUOS R5G」の商品サイトのリンクを張って、「5Gに対応してるのはこれだけ」と巧みに対応。また「HDMI端子は付いていますか?」という人には「なにをそんなに高画質で見たいのか、マスクで」と逆質問している。

   そのほかシャープの液晶テレビ「AQUOS」が一時期、製造工場の地名を冠して「亀山ブランド」を打ち出していたことから「世界の亀山モデル?」と尋ねる人には「三重の多気モデルです」。今回、マスクを製造しているのが三重県の多気工場であるためだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!