2020年 6月 2日 (火)

「隣が閉めたんで閉めます」 オモシロ「自粛POP」で新型コロナ吹き飛ばせ

印刷
広告運用を手掛けるトリックデザイン(大阪府大阪市)は、休業中の店先に張り出す「断り書き」をダウンロードできる「3-pops」を、2020年4月22日に開設した。書かれている言葉が、どれもユニークだ。
  • 休業中の店先に張り出す「自粛POP」
    休業中の店先に張り出す「自粛POP」
  • 休業中の店先に張り出す「自粛POP」

店側の気持ち、少しのユーモアと本音で代弁

   新型コロナウイルスの影響で、営業自粛を余儀なくされている飲食店や商店向けに開発された「自粛POP」。

   「閉めることも、接客だ」や、「給付金が売上を上回りそうです」など、街中で見かけたときに思わずクスリと笑ってしまいそうな文言が書かれている。

   発表資料によると、いずれも地域の間で先の見えない不安や恐怖が広がっているこの時期に、自粛を決断した店舗側の気持ちを少しのユーモアと本音を交えて代弁するものとなっているという。

   いずれも価格は100円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!