2020年 6月 1日 (月)

「10万円給付金」だまし取ろうとする手口 マスクに続く悪質「コロナ詐欺」

印刷

   新型コロナウイルス感染拡大の緊急経済対策として、国は1人あたり10万円の特別定額給付金を支給する。これを利用し、早くも詐欺行為が発生している。

   独立行政法人国民生活センターは、公式サイト上で2020年4月に寄せられた詐欺に関する相談事例を紹介している

  • 10万円給付前に早くも「詐欺」発生
    10万円給付前に早くも「詐欺」発生
  • 10万円給付前に早くも「詐欺」発生

電話で個人情報聞き出す「絶対教えちゃダメ!」

   10万円の給付金は、住民基本台帳に記録されている人を対象に、申請者の本人名義の銀行口座への振込みで支給される。

   国民生活センターが紹介するのは例えば、次のような事例だ。

   50代男性は、知らない相手から「マイナンバーを持っていない人は複雑な手続きが必要になる。家族にマイナンバーカードを持っている人はいるか」と電話があった。「いない」と伝えると、国から代理申請業務を委託されている団体を名乗り、氏名、住所、電話番号、振込銀行口座を教えると一日も早く困った人に給付することができる、と言われた。

   40代女性は、市役所を名乗る宛先から「新型ウイルス緊急救済措置としてお年寄りの居る世帯に現金入金します」というSMSが届いた。メッセージにはURLが記載されており、アクセスすると金融機関口座番号を入力する画面になるとのこと。

   いずれも詐欺と見られる手口だ。国民生活センターは、給付金の手続きに関しては、行政・公的機関、金融機関の職員が訪問して通帳やキャッシュカードを預かったり、電話やメールなどで個人情報や暗証番号を聞き出すことは「絶対にありません」と発表している。行政から委託されたという業者などからの電話やメールについても、反応せず、決して個人情報を教えてはダメだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!