2020年 7月 4日 (土)

「アベノマスク」使わないなら寄付しては 子どもやホームレスの助けになる

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

「子どもたちにお譲りいただけないでしょうか」

   子どもたちへの支援活動を行うNPO法人「絆プロジェクト2030」(東京都渋谷区)は、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害を受けた子どもたちの避難先のシェルターへ向けたマスクを募っている。

「100人くらいでも寄付をしてくれればいいと思っていました」

   と話すのは、理事長の永野秀樹さん。「実際には1500人以上の方から、3000枚を超えるマスクが送られて来ました。皆さんのご厚意に感謝しています。今後も定期的に寄付をしていただけると助かります」と話した。

   国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市)は2020年4月27日付で、ウェブサイト上に「あなたのマスクが子どもを守る」と題したマスク寄付の依頼を出した。政府支給のマスクと思われる画像を掲載し、

「支給された布製マスクを使用する予定のない方がおられましたら、千葉県内の児童相談所に保護された子どもたちや、児童福祉施設に入所している子どもたちにお譲りいただけないでしょうか」

   と呼びかけている。

   特定非営利活動法人HERO(宮城県仙台市)も、同様の寄付を募っている。

   (5月12日18時45分追記)

   国立国際医療研究センター国府台病院の担当者は5月12日、J-CASTトレンドの取材に対し、

「マスクのひっ迫状況については、厳しい状態が続いています。子どもたちの感染予防にご協力頂ければと存じます」

   と現状を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!