2020年 6月 2日 (火)

BS&CS4Kチューナー内蔵4K液晶テレビ 75V型から50V型まで4サイズ

印刷

   各種家電を手がけるハイセンスジャパン(神奈川県川崎市)は、4K液晶テレビ「U8F」シリーズを2020年5月下旬から順次発売する。

  • ゲームプレイに適したモードなど多彩な機能も
    ゲームプレイに適したモードなど多彩な機能も
  • ゲームプレイに適したモードなど多彩な機能も

AIを活用した解像処理機能

   BS/110度CSの4Kチューナーを内蔵。東芝映像ソリューションと共同開発したという「NEOエンジンplus」を搭載し、繊細で鮮烈な映像が楽しめる。

   5層のニュートラルネットワークを深層学習して映像を自動で判別し、シーンごとに適した超解像処理を施すことで、ノイズを抑えたきめ細やかな映像を実現する「AIシーン別超解像処理」。映像の動きの速さをAIが判別してノイズリダクションを実施する「AIモーション別超解像処理」など、AI(人工知能)を活用した解像処理機能を搭載。

   また、動きの速い映像でも残像感が少なくクリアな映像で楽しめる「倍速パネル&フレーム補間」、遅延を抑えて高精細でなめらかな映像表示が可能な、FPS(1人称シューティング)や格闘ゲームなどに適するという「ゲームモードplus」などの機能を実装する。

   ラインアップと市場想定価格は、6月下旬発売の75V型「75U8F」が23万円前後(以下全て税別)、65V型「65U8F」が18万円前後、55V型「55U8F」が15万円前後、秋発売予定の50V型「50U8F」が13万円前後。

   また、「NEOエンジン2020」搭載のスタンダードモデル「U7F」シリーズも5月下旬に発売する。65V/55V/50V/43V型の4サイズをラインアップし、市場想定価格は14万円~8万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!