2020年 6月 6日 (土)

外出自粛長引き子を叱る回数増えた 父・母が明かす赤裸々な胸の内

印刷

   新型コロナウイルスの影響で自粛期間が長引き、子育て中の親のストレスが増している。ツイッターには「在宅勤務中は普段なら何でもないことなのにキツく子どもに叱ってしまう」などといった書き込みが多くある。

  • 自粛期間で叱る回数増えたか
    自粛期間で叱る回数増えたか
  • 自粛期間で叱る回数増えたか

自粛期間で叱る回数「増えた」「やや増えた」6割超

   保険相談サービス「ほけんROOM」を運営するWizleap(東京都渋谷区)が468人の親を対象に実施した「自粛期間中の未就学児の子育てについての意識調査」。自粛中に子供を叱る回数は増えたかとの質問に、6割以上が「増えた」「やや増えた」と回答している。

   J-CASTトレンドは、子を持つ親6人に外出自粛中叱る回数は増えたか、子どもと接する際の工夫は何か、生の声を拾った。

   「毎日が人間力の修行みたいです」。そう答えた小学校1年生の男児の母親は、叱る回数について「増えました。注意も含めてめちゃくちゃ増えてます」とし、こう続けた。

「学校で時間割の通りに勉強する習慣もついていなくて、なかなか素直にやってくれません。じっと座っていられなかったり、宿題のやり方をていねいに説明したつもりが、逆に面倒くさがられたりして、イラッとします」

   子どもに話しかけられたら目を見て答える、勉強のやる気を引き出せるような声掛けを模索するなどを工夫し、ストレスが少なくて済む方法を探している。

   4歳と10か月の女の子の父親は、叱る回数は増えていない。ただ、一度長女がぐずってなかなか寝ず、強い口調で怒鳴ってしまった。「そのときの私はコロナ禍による生活のリズムの変化もあって、イライラしていたと思う」と振り返り、以来反省して強く叱ってはいないそうだ。子どもと遊ぶ時間を増やし、否定せずにほめることを心がけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!