2020年 8月 14日 (金)

花王「サクセス」フルモデルチェンジ後好調 累計出荷数500万本突破

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   花王(東京都中央区)は2020年5月22日、トータルメンズケアブランド「サクセス」の製品が、2月24日の改良以降累計出荷数500万本を突破したと発表した。

  • 花王「サクセス」がフルモデルチェンジで好調
    花王「サクセス」がフルモデルチェンジで好調
  • 花王「サクセス」がフルモデルチェンジで好調

清潔感を備える意識「スタンバイ」キーワードに

   若い世代の「頭髪ケア意識」に着目し、「サクセス」では主力商品の改良と、全商品のデザインを一新する「フルモデルチェンジ」を行った。2019年12⽉の花王の調査から、シャンプーは汚れを落とす目的だけでなく、「明日の清潔感を備えるため」という人が約4割いることが明らかになった。その結果を受けて、サクセスは清潔感を備える意識「スタンバイ」をキーワードにブランドを展開させてきた。

   新型コロナウイルスが感染拡大する中でのリニューアルだったが、シャンプー&コンディショナー全商品の今年度の累計出荷数は、対前年比で60万本増。また、製品のフルモデルチェンジ後2週間で、薬用シャンプー、リンスなど計7品の累計出荷数が160万本を突破し、ブランド史上最⾼を記録した。

   外出を自粛する人が多い中、好調を維持している理由について、サクセスの担当者は「代理購買が増えているのではないか」と分析。また、これまで顔や体をケアするフェイスシートや制汗剤などの商品は数多くあったが、頭髪の清潔感をケアする「備える」商品は市場にはなかったため、「スタンバイ」を意識した市場戦略が功を奏しているとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!