2021年 12月 1日 (水)

HKT48「オンライン握手会」もう直接会えない? 「生アイドル」見たい、触れたいのに

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アイドルグループ「HKT48」が初の「オンライン握手会」を2020年9月頃に開催予定だという。HKT48の運営を統括するSproot(東京都港区)が6月8日、LINEと共同でオンライン握手会システムを導入すると発表したのだ。ファンとメンバーが、1対1のビデオトークを楽しめる。

   ツイッターのトレンドワードには「オンライン握手会」がランクインし、賛否両論が書き込まれている。今後はインターネット上でだけ「会いに行けるアイドル」に変わるのか。

  • HKT48が初の「オンライン握手会」を企画(画像はイメージ)
    HKT48が初の「オンライン握手会」を企画(画像はイメージ)
  • HKT48が初の「オンライン握手会」を企画(画像はイメージ)

「生で見るだけで満足」だから、会いたい

   記者は編集部内で、アイドルファンの同僚数人に所感を尋ねた。HKT48やAKB48の握手会に参加経験がある40代男性記者はオンライン握手会について「握手の仕方一つとっても、アイドルたちの人柄がにじみ出るので『生で会えること』の魅力には代え難いが、何もしないよりいい」と感じている。

「これまでの握手会だと、待機列に並んでいる間に『どんなことを話そう』、『どんどん迫ってくるな』と思うわけですが、オンラインだとそれがどう変わるのか興味深い。またAKB48グループが5月に配信した、自宅から握手会に参加できる『おうちで握手会』動画はファン全体に向けてのものでしたが、オンライン握手会は1対1でやりとりできます。一度参加してみたいですね」

   20代女性は「状況が状況なので、仕方がない妥協策だとは思いますが...アイドルとオンラインでコミュニケーションを取るというのはやはり少し違和感がある」と話す。

「触れなくても、会話できなくても、生で見るだけで満足です。オンラインで握手会をするより、しっかりと対策を取って2メートル、5メートル以上離れて生で会う方が望ましいです」

   別の20代女性は、「握手会は数秒のために何時間も並ぶのが嫌で参加していないので、オンラインでアイドルと交流できるなら嬉しいし良いなと思う。ちょっと面白そうだなと興味をもったところです」と歓迎した。

握手できないなら「オンライントーク」「面接会」

   ツイッターユーザーの声はどうか。見たところ、否定的な意見が多い。記者の同僚と同じように、「生」で会うことに重きを置いている人たちはこんなツイートを投じている。

「やっぱ直接会う事に意味があるし、そこは唯一無二だと思うから、それなら握手会開催されるまで俺はいくらでも待つよ」
「推しとちゃんと会って話したいっていう願望はあるよね確かに面白いかも知れないけどやっぱり会って話さなくちゃ気持ちが伝わらないと思うから」

   また、アイドルとファンが実際に握手できない点を踏まえ、「オンライントークに名前変えるべきだと思うのだけど?」、「せめて面接会ちゃう?」、「『オンライングリーティング』に名前変えた方がいい」など、「握手会」という表現に疑問を投げかける人もいた。

   「オンライン握手会楽しそうでいいなあ」と喜ぶ派からは「どんなのか知らんけど、最先端感する!」、「斬新な。これで手汗を気にしなくて良くなるのか」という声が上がっている。また「警備しなくてよくなるし、メンバーの物理的安全性は担保される」と、アイドルたちを思いやる意見も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!