2021年 3月 1日 (月)

「100日後に死ぬワニカフェ」休業から2か月 現地を訪れた記者は悲しくなった

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「そんなのがあったんですか?」

   池袋駅東口を出て歩くこと数分。インターネットで調べた通り、赤と黒の塗り壁の「それらしき」ビルが見えた。近付いてみると、看板などは一切出ていない。カフェはもともと地下1階で営業しており、表にワニカフェの看板が掲げられていたはずだ。

   地下に続く階段を下りて、ワニカフェのあった扉の前へ。真っ赤な扉は閉め切られていた。人の気配もない。何もなかった。

   カフェの開催期間は5月17日までとすでに終了しているため、閉鎖されていてもおかしくはない。そのことが更新されないまま、看板も撤去されてしまったのだろうか。30分ほどその場で観察をしたが、関係者らしき人は出てこなかった。

   同ビルから出てきた別のテナントの男性2人に、「ワニカフェ」についてたずねた。

「そんなのがあったんですか?あー、ちょっと、分からないです」
「知らないですけど、もう無くなっちゃったんじゃないですかね」

と、存在すら知らないようだった。

   カフェがあった扉の前に、空っぽのごみ箱が転がっていた光景が悲し気だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!