2020年 7月 10日 (金)

USJレジ袋有料化で気になるコト サイズ違いで価格変わる?お土産の小分け袋はどうなる?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が2020年7月1日からパーク内物販店舗(48店舗)でのレジ袋の無料提供を取りやめると発表した。それに先駆け、人気キャラクターが描かれたパークオリジナルのマイバックを販売している。マイバック持参や、利用の習慣化を呼びかける狙いだ。

   マイバックを持っていない利用者には「レジ袋を20円で販売」する対応を取る。パーク内では大小さまざまなグッズを販売しているが、レジ袋はサイズによって価格が異なるのか。また、購入したお土産を小分けにしたい場合はどうするのか・・・。USJを運営するユー・エス・ ジェイ社(大阪市)に取材した。

  • USJが販売しているパークオリジナルのマイバック
    USJが販売しているパークオリジナルのマイバック
  • USJが販売しているパークオリジナルのマイバック

「できるだけマイバッグを使って」

「サイズはMとL、2種類の展開でいずれも税込20円です。お土産を小分けにするために複数レジ袋がご入り用の場合は、必要な枚数分購入をお願いいたします」

   広報担当者はこう回答した。例えば「手のひらサイズの商品を買う際、明らかに大きいレジ袋を購入する」ことも可能ではあるが、あくまでもレジ袋の販売は"やむを得ない場合"というニュアンスが強いようだ。広報担当者は「できるだけマイバッグを使ってほしい」と語る。

「USJに限らず、コンビニやスーパーなどあらゆる場所で今後『マイバッグを利用する』ライフスタイルが推奨されます。ただマイバッグを忘れてしまった状態で、手に持ちきれない大きさのグッズを購入した利用者に、いきなり『2000円のパークオリジナルマイバックを買ってください』とおすすめするのは難しいため、有料レジ袋購入をご案内する」

   またテーマパークのレジ袋といえばオリジナルアートやデザインが施されているため、「思い出」として集めたり、大事に保管したりする人もいる。有料化に伴い、現状のデザインから変更があるか尋ねると「現状では予定していない」との答えだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!