2020年 9月 19日 (土)

「dynabook」新たに7機種 「ニュースタンダードモデル」も

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   パソコン(PC)「dynabook(ダイナブック)」シリーズを手がけるDynabook(東京都江東区)は、ノートPC「dynabook C5/C4」など7機種11モデルを2020年6月19日から順次発売する。

  • 新しいライフ&ワークスタイルに幅広く対応する多彩なラインアップ
    新しいライフ&ワークスタイルに幅広く対応する多彩なラインアップ
  • 新しいライフ&ワークスタイルに幅広く対応する多彩なラインアップ

15.6型5機種、16.1型2機種を用意

   "ニュースタンダードモデル"という位置づけの「dynabook C5/C4」は、堅牢設計の薄型軽量、狭額縁の15.6型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレーを搭載。内蔵ストレージは256GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)のデュアルストレージ構成で、高速起動と大容量のデータ保存を両立した。

   高速のデータ転送が可能な無線LAN規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に準拠。パスワードの入力不要、画面に顔を向けるだけで自動的にサインインできる「Windows Hello」対応の赤外線顔認証を装備する。

   「C5」はCPU(プロセッサー)に第10世代インテル「Core i3」、8GBメモリーを、また「C4」はインテル「Celeron」CPU、4GBメモリーを搭載する。

   "プレミアムスタンダードモデル"という位置づけの「dynabook T9/T8」は、16.1型フルHD液晶ディスプレー、第10世代インテル「Core i7」CPU、「Wi-Fi 6」準拠の無線LANなどを搭載。256GB SSDと1TB HDDのデュアルストレージを採用し、光学ドライブはブルーレイディスクドライブを装備した。

   オンキヨーと共同開発したというステレオスピーカーと高音質化アプリ「DTS Audio Processing」を組み合わせた「Dynamic Wide Sound」を採用し、歪みが少なくクリアなサウンド再生を実現した。

   6コア「Core i7-10710U」CPU搭載「T9」、4コア「Core i7-10510U」搭載「T8」の2モデルを用意する。

   また、7月下旬発売のスタンダードモデル「dynabook T6/X6/X5」は、15.6型フルHDディスプレー、文字が見やすく打ちやすいキーボード、256GB SSD、第8世代インテル「Core」CPUなどを搭載する。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!