2020年 8月 14日 (金)

パーソナル空間でも高解像度リスニング ソニーのパワードスピーカー

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   ソニーは、「Signature Series(シグネチャー・シリーズ)」から、CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」対応のニアフィールド・パワードスピーカー「SA-Z1」を2020年6月20日に発売する。

  • 「おうち時間」の音楽リスニングがより豊かに
    「おうち時間」の音楽リスニングがより豊かに
  • 「おうち時間」の音楽リスニングがより豊かに

スピーカー再生ならではの広大なステージ感

   アナログとデジタルの高音質技術を結集した同シリーズから、デスクトップなどパーソナルな空間(ニアフィールド)で、音が直接耳に届くヘッドホンのような高い解像度と、スピーカー再生ならではの広大なステージ感の音場を実現したという。

   ツイーターとウーファーを同軸上に配置したほか、各ユニットを独立して駆動する「マルチアンプシステム」、内部のプログラミングで論理回路を自由に構成できる集積回路「FPGA」により綿密にコントロールすることで、リスナーとスピーカーの距離が近いニアフィールドでのリスニングの欠点を克服。音波の波面を揃えた高精度な"点音源化"を実現し、高解像度の音が楽しめる。

   またメイン、アシストの両ウーファーを対向配置することで互いの振動を打ち消す"鼓(つづみ)"構造の採用により不要なノイズを抑えるとともに、側面の音道からアシストウーファーの低音を放射し、クリアで自然な低域の広がりを実現している。

   ハイレゾ音源はDSDネイティブ再生(最大22.4MHz)、最大768kHz/32bitまでのPCM再生に対応。フルデジタルアンプにアナログ回路を組み合わせ歪みやノイズを低減する「D.A.ハイブリッドアンプ」の出力素子にGaN(ガリウムナイトライド)-FETを採用し、100kHzの高音再生を可能にした。

   入力インターフェイスはウォークマン/Xperia×1、光デジタル×1、アナログ音声(XLR/RCA)各1、ステレオミニジャック×1。

   カラーは黒。

   価格は78万円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!