2020年 8月 14日 (金)

6つのヒーターで激しい対流 ふっくらご飯に炊き上がるIHジャー炊飯器

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   象印マホービンは、IHジャー炊飯器「炎舞(えんぶ)炊き NW-LA」を2020年6月21日に発売する。

  • 大火力とこだわりの内釜がご飯をよりおいしく
    大火力とこだわりの内釜がご飯をよりおいしく
  • 大火力とこだわりの内釜がご飯をよりおいしく

激しい対流と「豪炎かまど釜」が甘みとうまみを引き出す

   "かまどの炎のゆらぎ"を再現するとともに、単位面積あたり4倍以上の大火力での炊飯を行う底IHヒーター「炎舞炊き」を3つから6つに増強。対角線上にある2つのヒーターを同時加熱させることで従来モデル以上の激しい対流を実現し、ふっくらとした大粒のご飯が炊き上げられる。

   また、激しい対流により水中に溶け出たデンプンの粒が沸騰維持工程で加熱されアルファ化が早く進み、甘み成分に変化。同工程の後半では甘み成分がお米にコーティングされることで甘みの強いご飯になるという。

   「鉄 ~くろがね仕込み~ 豪炎かまど釜」を採用。IHと好相性とされる鉄素材を、アルミとステンレスの層に組み込んだ構造で、高い蓄熱性や発熱効率、熱伝導を実現した。内釜の内面に遠赤外線とプラチナナノ粒子の"うまみプラスプラチナコート"を施し、甘み成分「還元糖」とうまみ成分「アミノ酸」を引き出す。

   食物繊維を多く含む「もち麦」や「押し麦」の麦独特の風味を生かしながら、ふっくらもちもちに炊き上げる「麦ごはんふつう」「麦もちもち」、2通りの麦ご飯専用メニューを搭載した。

   そのほか好みの食感に炊き上げる121通りの「わが家炊き」メニュー、好みの食感に炊き分ける7通りの「炊き分け圧力」などの機能を備える。

   内蓋の構造の見直しにより、毎回洗うパーツは内釜と内蓋の2点のみとなり、手入れのしやすさが向上した。汚れがサッと拭き取れるフラットトップパネル、フラットフレームを採用。「立つしゃもじ」が付属する。

   炊飯容量0.09~1.0リットル(5.5合)「NW-LA10」、同0.18~1.8リットル(1升)「NW-LA18」の2モデルを用意する。

   カラーは黒漆(くろうるし)、雪白(ゆきじろ)の2色。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!