2020年 7月 3日 (金)

「大戸屋」6月から新メニュー続々 店で人気の味を再現「チキンかあさん煮弁当」も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   定食チェーン・大戸屋が6月から新メニューを複数展開している。6月4日から全6種・税込680円のお弁当、6月8日からは好きなおかずが5つ選べる1200円(同)の「お惣菜セット」を、それぞれ発売した。自宅で外食気分を手軽に味わえるのが魅力だ。

   J-CASTトレンド記者は早速、6種類の680円弁当を中心に数種の新メニューを試食した。

  • 大戸屋が6種類弁当など新メニューを展開
    大戸屋が6種類弁当など新メニューを展開
  • 680円弁当のひとつ「炭火焼きチキンの葱ソース弁当」
    680円弁当のひとつ「炭火焼きチキンの葱ソース弁当」
  • 680円弁当ラインアップ
    680円弁当ラインアップ
  • 好きなおかずが5つ選べる「お惣菜セット」
    好きなおかずが5つ選べる「お惣菜セット」
  • 大戸屋が6種類弁当など新メニューを展開
  • 680円弁当のひとつ「炭火焼きチキンの葱ソース弁当」
  • 680円弁当ラインアップ
  • 好きなおかずが5つ選べる「お惣菜セット」

「680円弁当」ラインアップは6種類

   680円弁当のラインアップは以下の通りだ。鶏肉や魚をどんと使ったメインディッシュと梅干しが乗ったごはんのセットで、ブロッコリーや紅白なますが添えられている。

(1)鶏の竜田揚げ葱ソース弁当
(2)ほっけの塩焼きと鶏の竜田揚げ弁当
(3)炭火焼きチキンの葱ソース弁当
(4)さばの塩焼きと鶏の竜田揚げ弁当
(5)チキンかあさん煮弁当
(6)かぼちゃコロッケと鶏の竜田揚げ弁当

   記者が今回食べたのは鶏の竜田揚げ葱ソース弁当、炭火焼きチキンの葱ソース弁当、チキンかあさん煮弁当だ。鶏の竜田揚げ葱ソース弁当と炭火焼きチキンの葱ソース弁当は、ネギとショウガがたっぷり入った別添えのソースがおいしく、竜田揚げとも炭火焼きチキンとも相性がよい。特に炭火焼きチキンは炭火の香りがよく、さっぱりとした和風ソースが旨味を引き立てている。

   チキンかあさん煮弁当は、大戸屋創業以来人気を博す「チキンかあさん煮定食」を弁当にアレンジしたもの。イートインでは昆布だしスープがたっぷり入った土鍋の中にチキンカツが浸っているが、弁当では柔らかいチキンカツの上にジュレ状の昆布風味だれがかかっている。甘めのたれと大根おろしを絡めて食べると、さっぱりとした風味が口の中に広がる。店で食べる定食の味と同じだ。おいしくて一気に完食してしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!