2020年 12月 5日 (土)

氷川きよし「Papillon~ボヘミアン・ラプソディー」 「演歌」も「ポップス」も超えて

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   「思い切りポップスのアルバムを作りたいとはずっと思ってましたけど、作品がなかったですからね。「紅白」で歌えるような作品に出会えればと思っていて「限界突破サバイバー」がそれになりましたから。発売する前はどんな風に受け止められるか心配でもあったんです。でも、発売されてしまうと次の作品への意欲が湧いてくる。またポップスアルバムをやりたい、困りますね(笑)」

    2020年6月9日に初めてのポップスアルバム「Papillon(パピヨン)~ボヘミアン・ラプソディー」を発売した氷川きよしは、筆者が担当するFM NACK5「J-POP TALKIN'」で新作アルバムについてそう言った。

  • 「Papillon(パピヨン)~ボヘミアン・ラプソディー」(日本コロムビア、Amazonサイトより)
    「Papillon(パピヨン)~ボヘミアン・ラプソディー」(日本コロムビア、Amazonサイトより)
  • 「Papillon(パピヨン)~ボヘミアン・ラプソディー」(日本コロムビア、Amazonサイトより)

演歌20年の「ご褒美」ではないアルバム

   氷川きよしは2000年の2月にシングル「箱根八里の半次郎」でデビュー。今年がデビュー20周年になる。以来、"演歌の貴公子"というキャッチフレーズがもはや必要がないくらいに確固とした地位を築いてきた。

   そうやって彼のことを見ていた人たちの度肝を抜いたのが2017年に出たシングル「限界突破×サバイバー」だった。

   ハードロックのような激しい曲調と頭を振るアクション、ビジュアル系ロックスターも顔負けの派手な衣装。シークレットゲストとしてサプライズ登場したアニメソングフェスティバルでは、当初は誰が出て来たのか分からないまま盛り上がっていた客席が、氷川きよしと知って更に興奮状態になるというシーンもあった。そんな驚きは去年の「紅白歌合戦」でも証明済みだ。

   新作アルバム「Papillon(パピヨン)~ボヘミアン・ラプソディー」は、その頃からすでに構想が出来上がっていたと言って良さそうだ。

   「一曲一曲吟味して、どういうことを歌いたいかを作家さんにお伝えして書いてもらいましたから。発注した、というより参加して作った、という感じですね」

   正直に言うと、アルバムを聴く前にはこういう作品を予想していなかった。つまり、演歌の世界で20年間実績を残してきたことへの「ご褒美」アルバム、というのだろうか。名だたる作家が参加した絢爛豪華なアルバムになるのではないか、と思っていた。

   少なくともそういう「ご祝儀」的な内容は全くない。アルバム一枚をひとつのテーマで作ったと思える曲が並んでいる。一曲目の「Papillon(パピヨン)」は、ミュージカルや映画のオープニングのようだ。二曲目の「不思議な国」は、それを受けて更に迷宮に迷い込んだような曲。彼自身の非現実を思わせる笑い声も入っている。まるで一つのコンサートのように曲順が組まれている。

   「なくなってしまいましたけど6月18,19日にポップスコンサートが予定されていて、コンサートありきで作っていきましたからね。『Papillon』もデモテープの時にはついていなかったオープニングを加えて頂きました」

タケ×モリ プロフィール
タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!