2020年 10月 29日 (木)

薬局やスーパーにマスク戻ってきたけれど 「いくらで買える?」首都圏で調べたら

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   マスクはここ最近、通販サイトでは値崩れが起き、東京・新大久保では大量の在庫が安値で売られている。J-CASTトレンドでも何度か報じてきた。

   街の薬局やスーパーにもマスクは徐々に戻ってきたが、その価格はどうなっているか2020年6月24日~25日に、首都圏の複数の店舗で調べた。

  • 薬局、スーパーのマスクの価格は?
    薬局、スーパーのマスクの価格は?
  • 薬局、スーパーのマスクの価格は?

「高いね」と言って購入せずに去った

   6月24日夜に記者が東京都板橋区の薬局を調査すると、「マスク在庫豊富にございます!!」と書かれた張り紙があった。2、3か月前には想像できなかった光景だ。見つけた商品は中国製で、50枚・税込み2618円、1枚あたり52円。マスク3~10枚の袋入り商品は1人3点まで、箱マスクは1点までと購入制限はあったが、人が群がる様子はなく、数は十分あった。箱マスクを手に取った女性は、「高いね」と言って購入せずに去った。

   25日午後には神奈川県川崎市のスーパーを別の記者が調査。小売り大手「イオン」系列のスーパーでは、50枚入りの箱が3278円で売られていた。1枚66円だ。別の大型スーパーでは、山積みの箱マスクが。50枚2189円で、こちらは1枚44円となる。販売されている店によって、価格に差がある。

   千葉県内のスーパーやディスカウントストアで、箱マスクが1900円前後との情報も。品数はいずれも潤沢で、売り場を素通りする人がほとんどとの話だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!