2021年 5月 10日 (月)

関東上空に火球で夜中に「隕石か」と大騒ぎ 「宇宙からの飛来物」しばしば落下

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

2年前の「小牧隕石」は国際隕石学会に登録

   最近でも、2018年9月26日に隕石の落下が確認されている。22時30分頃、愛知県小牧市の民家に落下。屋根を大きくえぐり、庭とテラスには黒い破片が落ちていたという。これは「小牧隕石」と名付けられた。

   国立科学博物館・国立極地研究所(東京都立川市)・九州大学(福岡市)の2019年2月27日付の発表資料によれば、「小牧隕石」は、これら3団体による分析結果を添えて国際隕石学会に登録申請され、19年2月15日に正式な隕石として承認・登録された。

   「日本の隕石リスト」によると、ほかにも多くの落下・発見例が確認されており、1990年以降だけでも10件近い事例が挙がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!