2020年 12月 5日 (土)

東京で野生イノシシから「豚熱」 中国では新型豚インフルエンザ、伝染病が心配

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京都青梅市で捕獲された野生のイノシシ1頭から、豚熱(CSF、豚コレラ)が確認された。都が2020年7月2日、発表した。

   都内では近年、しばしばイノシシが出没している。豚熱の野生のイノシシは今回が初だが、もし感染したイノシシと接触した場合、ヒトへの影響はないのか。今一度確認しておこう。

  • 豚熱は人間に影響があるのか(画像はイメージ)
    豚熱は人間に影響があるのか(画像はイメージ)
  • 豚熱は人間に影響があるのか(画像はイメージ)

豚熱は豚やイノシシが感染する伝染病

   直近でイノシシが都内で見つかったのは、6月17日。日の出町でのことだ。それ以前には19年12月3日に足立区内の河川敷で目撃された。同じ年の10月7日、立川市では野生のイノシシ2頭が出没。その後12月14日と15日にも同市内で見つかり、立川警察署は注意を呼びかけていた。

   今回捕獲されたイノシシから確認された豚熱とは何か。

   農林水産省の公式サイトによると、豚やイノシシが感染する伝染病で、以前は「豚コレラ」と呼ばれていた。強い伝染力と高い致死率が特徴だ。治療法はなく、発生すると家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病に指定されている。20年5月7日までに、岐阜県、愛知県、埼玉県、山梨県など複数の県で、野生のイノシシから豚熱の陽性確認がされている。

   しかし、豚熱がヒトに感染することはない。そのため、仮に豚熱に感染したイノシシと遭遇、接触したとしてもうつることはない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!