2020年 12月 5日 (土)

謙遜と可能性 ジェーン・スーさん「奴隷根性のシミ抜きは自分で」と

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   CREA 6-7月合併号の「●●と▲▲と私」で、コラムニストのジェーン・スーさんが、自分を過小評価するのはやめようと、全女性の背を押している。自己肯定のススメだ。

   コラムは「インポスター症候群」の説明で始まる。自分の成果について、どうしても「私には実力があったのだ」と満足できない精神状態、思考癖のことらしい。

「たまたま運がよかったからだとか、分不相応だとか、そういう風に考えてしまう...そりゃあ世の中、ひとりの力で成し得ることばかりではありません...しかし問題は、インポスター症候群に陥りやすいのが、女性とマイノリティというところ」

   ここで実例が示される。ジェーンさんの長年の友人に、30年にわたりアカデミー賞を観察し、独自に賞の行方を予想している女性がいる。趣味とはいえ、これが実によく当たり、全24部門のうち21を的中させた年もあったそうだ。

   「彼女の口から語られる受賞法則やエピソードはとても面白く、本にまとめたら、多くの人を楽しませるに違いない」...そう思ったジェーンさんは昨年、本人に出版を勧めてみた。ところが、彼女は「こんな法則は、映画好きなら誰でも知っている」「これを面白いと思う人なんて、そう多くはないはず」とにべもない。

   「私なんかが」「こんなもの」「〇〇なんて」といった発言...「私の周囲では女ばかりが使います。一方、男友達に『あなたはこれが得意だから、あれやってみたら?』と勧めて『俺なんかが』と断られたことはほとんどない」...たいていの男は得意げに様々なアイデアを返してくるし、興味がない時はハッキリそう言われるという。

   なぜならインポスター症候群ではないから、というのが筆者の見立てである。

  • 女性は控えめがいい?
    女性は控えめがいい?
  • 女性は控えめがいい?

女は控えめがいい?

   ジェーンさんは、女友達に色んなことを勧めまくっているらしい。しかし、たとえば「それじゃなくて、これならやりたい」と切り返してきたのはひとりだけだという。

「これ、結構厄介ですよ。女は控えめなほうがいいって刷り込みを社会から受けた我々は、いつまで経っても自信満々になれないばかりか、己の可能性も信じられなくなってしまう。はっきりNOが言えないのも、問題っちゃ問題だし」

   「控えめなサポート役」は誰かに強制されたものではないとしたうえ、筆者は最後に、女性たちの奮起を強めの表現で求めている。

「沁みついた奴隷根性のシミ抜きは、自分でやらなきゃ誰がやる。できるかどうかじゃなくて、やりたいかやりたくないか。そこを曖昧にしておけば好感は持たれるかもしれないけれど、あなたに好感を持った人は、あなたを幸せにしてくれるわけじゃないのですよ」

   ちなみにインポスター症候群の実例として文中で紹介された友人は、結局アカデミー賞に関する本を出し、重版もされたという。

「ほらね、自己評価なんてあてにならないんだから」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!