2020年 12月 5日 (土)

「夫に捨てられ、憎しみと怒りが...」女性の嘆きに高須院長はこう答えた

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!
trend_20200716104345.png
夫は「性格の悪い悪魔だと思っていた」

   今回の「火鍋チャンネル」は、DV(家庭内暴力)という重いテーマから始まった。西原理恵子さんが元夫からのDVに苦しんだ壮絶な体験を語ると、火鍋を囲むほかの面々(山本一郎さん、青山浩さん、池坊保子さん)は深刻な表情で聞き入った。

   「DVの人たちって、ものすごく頭が回るんです」と西原さん。元夫は、西原さんが産後まもなくで体が回復していないうえ、子どもに危害が及ぶことを恐れて反抗できないと見越して暴力をふるった。表向きは普通の社会人として振舞っているので周囲には気づかれない。後にアルコール依存症だと判明するが、当時、西原さんはそんな夫を「性格の悪い悪魔だと思っていた」。

   池坊さんに「結婚した時はそうでもなかったんでしょ」と問われると、「本気で嘘がつける人にはかなわない」と西原さん。精神的に追いつめられた当時の心境を明かした。

妊娠中の浮気は「不倫というよりDV」

   その後、話題は不倫問題へと発展した。山本一郎さんに「世の中、不倫ネタも多いですが、どうですか」と話を振られると、池坊さんは「不倫はいけないと思うわよ。ましてや妊娠している時に、浮気をしちゃうなんていうのは許せない」と、妊娠中の妻を裏切った某俳優の不倫騒動をほのめかし、「男として卑怯」と非難した。

   一方、西原さんは「不倫問題に持っていかれがちだけど、この行為はDV」と断言する。妻が妊娠中で動けないのを見計らって浮気をしたことは「明らかに暴力」だというのだ。

   そんな西原さんの「ダーリン」こと高須克弥さんのもとには、様々な事情を抱えた女性が相談に訪れる。ある女性は、10年以上にわたって夫の借金を返し続けたが、返済が終わったとたんに夫は若い女と逃げてしまったという。

   「今ここに残っているのは、しわだらけの顔と、どうしようもない憎しみと、怒りだけなんです」

   嘆く女性に、高須院長がかけた言葉が「神」過ぎる......?! 続きはぜひ「火鍋チャンネル」で。

漢方食材のうまみたっぷり!本格的な火鍋をご家庭で
2色のスープが堪能できる専用鍋セットも

【小羊肥オンライン】http://direct.hinabe.net/



【ワンクリック投票】

ゲスト:池坊保子(いけのぼう・やすこ)
特定非営利活動法人萌木理事長、学校法人医療創生大学理事。元文部科学副大臣。1996年から16年間、衆議院議員として児童虐待防止法や文化芸術振興基本法などの法案作成に関わり、教育に注力した経験を活かし、現在は自身で立ち上げたNPO法人で次世代を担う子どもたちの健全な育成をめざし活動を続けている。
西原理恵子(さいばら・りえこ)
漫画家。1964年高知県生まれ。武蔵野美術大学卒。88年、週刊ヤングサンデー『ちくろ幼稚園』でデビュー。代表作に『ぼくんち』『毎日かあさん』など。母から娘に向けた生き方指南『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は30万部のベストセラーに。ほか、『りえさん手帖』『ダーリンは74歳』など著書多数。青山浩さんとは一緒にFXに挑戦したり、ネットの魚屋「サイバラ水産」でタイアップするなど旧知の間柄。
公式サイト:http://toriatama.net/

山本一郎(やまもと・いちろう)
情報法制研究所 上席研究員。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT関連のコンサルティングやコンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査を手掛ける。介護と育児の「Wケア」に奔走しつつ文筆活動もこなす。著書に『ネットビジネスの終わり(Voice select) 』『ズレずに生き抜く(文芸春秋)』など。
公式ブログ:https://lineblog.me/yamamotoichiro/

青山 浩(あおやま・ひろし)
株式会社小肥羊ジャパン元代表取締役。1973年大阪府生まれ。東京大学法学部卒。2005年、株式会社ウェブクルー代表取締役社長を経て06年小肥羊ジャパンを設立。勲五等タイ王冠勲章の受勲経験も持つ謎の実業家。何モノかは、西原さんによるウェブ漫画『青山浩と西原理恵子の太腕繁盛記』(https://note.com/xfy_saibara)に詳しい。
中国火鍋専門店 | 小肥羊(しゃおふぇいやん)
http://www.hinabe.net/
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!