2020年 8月 12日 (水)

SNSの便利と危険を教えてくれるおとぎ話

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マイクロマガジン社(東京都中央区)は、絵本「スマホをひろったにわとりは」を2020年7月17日に発売する。

  • メッセージのやり取りをしていた相手は?
    メッセージのやり取りをしていた相手は?
  • メッセージのやり取りをしていた相手は?

SNS犯罪から子どもを守るためのヒント

   オーストラリア児童図書賞など、数々の受賞歴を持つオーストラリアの人気絵本作家、ニック・ブランドの"問題作"を邦訳。

   ある日、友達思いのにわとりは、親切そうな動物たちから次々とメッセージが届く"まほうのはこ"を発見する。「自分の理解者に会えるかもしれない」と、にわとりはその箱にどんどん夢中になっていく。そして、ついにメッセージを送ってくれた友達と会うことになるのだが...。

   「おうち時間」が増えた今、親子そろってスマートフォンやタブレットの画面にのめり込んではいないだろうか。同書は、年々増加するSNS犯罪から子どもを守るためのヒントが得られるという、少し不思議なおとぎ話だ。スマートフォンやインターネットの使い方など、メディアリテラシー教育の導入教材としても活用できるという。

   価格は1380円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!