2021年 5月 17日 (月)

有料でもいい!今もレジ袋を買う人たち 「エコバッグじゃダメ」な事情

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「ごみ袋用に」「かわいいから」

   40代主婦は、商品がエコバッグに入りきらなかったとき、家でレジ袋を使いたいときに購入している。「ごみ袋用に。エコバッグは持参していても、自宅で使えるように(レジ袋を)あえて何枚か買ったりしていますね」。

   20代の会社員男性は、コンビニエンスストアでは基本的にレジ袋を購入するという。「エコバッグはあるけれど、持ち歩くのを忘れがち。ちょっとコンビニに寄った時とか、大体小さい袋を買っています」。

   同じく20代の男性は、「コンビニ、スーパーでお弁当を買うとき」とした。持っているエコバッグでは、弁当が平衡に入れられないからだ。ただ、バッグを携帯する習慣がなかったため、今でも外出後にエコバッグを忘れたと気付くことも多いようだ。

   20代の会社員女性は、基本的に昼食をコンビニで購入するときのみレジ袋を買っている。食べた後にまとめて捨てるごみ袋用だ。また、「かわいいから」との理由でアパレルショップや雑貨屋などで有料の袋を買っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!