2020年 8月 11日 (火)

マスク着用で皮膚炎「肌真っ赤」 肌荒れにニキビ、「冷感マスク」は大丈夫か

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   マスク着用によって、肌荒れする人が増えているようだ。ツイッターには「ずっとマスクだから肌荒れやばいって!」といった投稿が続出している。

   J-CASTトレンドは、医療法人斎仁会「かきお駅前さいとうクリニック」(神奈川県川崎市)の院長でアレルギー性鼻炎などを専門とする齋藤光代氏に、マスク皮膚炎について取材した。

  • マスクで肌荒れする人増加中(画像はイメージ)
    マスクで肌荒れする人増加中(画像はイメージ)
  • マスクで肌荒れする人増加中(画像はイメージ)

マスク自体が肌に当たってかぶれる

   齋藤院長によると、「マスク皮膚炎」は肌全体が真っ赤になる、部分的に赤くなったりカサカサする症状があり、肌荒れやニキビに悩む人も多いという。

   原因は、擦れや蒸れなど。マスク自体が肌に当たってかぶれたり、口の動きにより肌とマスクが擦れると角層のバリア状態が悪化し肌荒れが起きる。また、暑さによってマスクや顔に水滴がつくが、それを放っておくと蒸れた状態が続くため、肌トラブルを引き起こす。

   マスクはガーゼなら良い、と思い込む人もいるが、意外と当たるとカサカサするそうだ。その刺激が肌に伝わり、肌荒れにつながることも。「新品でノリのついた固いガーゼではなく、柔らかい肌に優しいものだといいかもしれない」と院長。

   患者は若い女性や中年の女性が多いという。メイクによって毛穴が詰まることも原因。「不思議なことに、少し高齢の方だと脂が少ないのか、トラブルで来る方は少ないです。また、知恵もあるので『マスクしてるからメイクはしない』と70歳を超えた方が言っていたりします」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!