2020年 8月 11日 (火)

ファミコン「NES」と80年代風テレビがレゴブロックになった

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   レゴジャパンは、任天堂とコラボレーションした大人向け「レゴスーパーマリオ」から、「LEGO Nintendo Entertainment System」を、2020年8月1日に全国の「レゴストア」などで発売する。

  • 「NES」の特徴的なカセットスロットやコントローラーもレゴブロックで再現
    「NES」の特徴的なカセットスロットやコントローラーもレゴブロックで再現
  • 「NES」の特徴的なカセットスロットやコントローラーもレゴブロックで再現

マリオが画面上を動くギミック

   「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」ベースの日本国外向け家庭用ゲーム機「Nintendo Entertainment System(NES)」のロック機能付き開閉式カセットスロットやコントローラー、ゲームカセットを、1980年代当時のテレビとともにレゴブロックで再現したセット。

   「NES」本体にゲームカセットを入れ、テレビに搭載したハンドルを回せば、「スーパーマリオブラザーズ」のマリオが画面上を動くというギミックを備える。

   また、テレビ上部にある「アクションブロック」を別売の「レゴマリオとぼうけんのはじまり~スターターセット」に同梱の「レゴマリオ」フィギュアで読み取れば、ゲームのBGMに合わせ、画面上の敵キャラクターや障害物、パワーアップアイテムに同フィギュアが反応する。

   ピース数は2646個。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!