2020年 9月 19日 (土)

立体音響が楽しめるサウンドバー2モデル LGから

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   各種家電およびパソコン用周辺機器などを扱うLGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区)は、ホームシアターが楽しめるサウンドバー2モデルを2020年8月6日から順次発売する。

  • 手持ちのシステムに追加、手軽に臨場感あるサウンドが楽しめる
    手持ちのシステムに追加、手軽に臨場感あるサウンドが楽しめる
  • 手持ちのシステムに追加、手軽に臨場感あるサウンドが楽しめる

ハイトスピーカー内蔵「SN7CY」

   「SN7CY」は、立体音響フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に両対応。フロント・センタースピーカーに加えハイトスピーカーを内蔵し、より臨場感のある3次元の立体オーディオが楽しめる。パッシブラジエーター(電磁気回路のないスピーカー)の採用により、50~70Hzの低域をパワフルに拡張。

   欧州の高級車のオーディオに多数の採用実績があるメリディアンがチューニングを監修したといい、リアルでまとまりのあるサウンドを実現した。

   AI(人工知能)が視聴中のコンテンツのジャンルを分析してサウンドを最適化する「AIサウンドプロ」を搭載。HDMI、光(S/PDIF)、Bluetooth 4.0ワイヤレス接続に対応する。電源のオンオフや音量の調整などがテレビのリモコンで行える。

   市場想定価格は4万1000円前後(以下全て税別)。

   「SK1D」は、「Dolby Digital Surround」「DTS:X」フォーマットに対応。ニュース番組などでは人の声をクリアに聞きやすく、アクション映画では低音を強調し迫力のあるサウンドにするなど、視聴中のコンテンツを分析してサウンドを最適化する「アダプティブサウンドコントロール」を搭載。

   また、あらゆる音量で音のバランスを最適化する「オート・サウンド・エンジン」などの機能を搭載。3.5ミリ・ステレオミニジャック、光(S/PDIF)、Bluetooth 4.0に対応する。

   市場想定価格は1万8200円前後。

   このほか、サブウーファーとフロントスピーカーの組み合わせでダイナミックかつ繊細なサウンドが楽しめる2.1チャンネル・スピーカー「LG XBOOM LK72B」も同日発売。

   市場想定価格は1万1000円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!