2020年 9月 24日 (木)

仕事も運動も呑みも...自宅でもっと快適に 大空間・大開口の「ファミリー スイート おうちプレミアム」発売

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   住宅メーカーの積水ハウス(大阪市)は2020年8月4日、コロナ後の暮らしをテーマとしたライフスタイル提案を盛り込んだ戸建住宅の新コンセプトモデル「ファミリー スイート おうちプレミアム」(以下、本モデル)を発売した。また、同日には同コンセプトモデルのオンライン記者発表会も行われた。

  • 先進技術により実現した大空間・大開口リビング
    先進技術により実現した大空間・大開口リビング
  • 2階も最大スパン10メートルの広々とした設計
    2階も最大スパン10メートルの広々とした設計
  • 「在宅ワーク」の例。好みに合わせて様々な仕事空間を生み出せる
    「在宅ワーク」の例。好みに合わせて様々な仕事空間を生み出せる
  • 「うちdeバル」の例。照明や家具などで、隠れ家バーのような「非日常感」を演出。
    「うちdeバル」の例。照明や家具などで、隠れ家バーのような「非日常感」を演出。
  • 先進技術により実現した大空間・大開口リビング
  • 2階も最大スパン10メートルの広々とした設計
  • 「在宅ワーク」の例。好みに合わせて様々な仕事空間を生み出せる
  • 「うちdeバル」の例。照明や家具などで、隠れ家バーのような「非日常感」を演出。

ターゲットは「ミレニアル世代」

   高い耐震性・断熱性と設計自由度、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にも対応可能な同社の先進技術によって実現した大空間・大開口構造の住宅モデル。鉄骨2階建て住宅では、1階は梁型(天井下がり)が出ずにすっきりとした天井処理が可能な「新ダイナミックビーム」を新たに採用。高い耐震性能を備えつつ、最大スパン7メートル、2階は「ダイナミックルーフ」によって最大スパン10メートルの、柱や壁で遮られることのない大空間リビングが実現できるという。

   同社商品開発部の担当者は発表会の中で、大空間リビング「ファミリー スイート」のターゲットを「型にはまらない、自分たちらしい暮らしを望むミレニアル世代」であるとし、特に「若い共働きの家族を想定」していると説明。柱や壁などの仕切りがない大空間を生かし、子どもの成長やライフスタイルの変化などに合わせて自由なスペースの使い方ができるとのことだ。

「『ファミリー スイート』でよく採用されている間取りは、子どもたちに関連したものです。子どもたちが自由に勉強をしたり、おもちゃを出して遊んだりするための空間を計画する人が多い。また、子どもたちが学校に行っている間は遊び場を在宅ワークのスペースとして使うなど、時間差で空間を上手に利用するケースも多いです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!