2020年 9月 19日 (土)

夏の帰省、実家の近さによって考えに差 「感染広げたら怖い」けど顔を見たいジレンマ

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   2020年も8月に入った。例年であれば帰省や旅行の話題で盛り上がる時期だが、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえると今年はそうもいかない。しかし、家族に会いたい気持ちがある人は多いだろう。

「しない方が良いってのは分かってるけど、お盆帰省するか悩む...」

   こうした悩みが、ツイッターにいくつも上がっている。

  • 今年の夏の帰省どうする?
    今年の夏の帰省どうする?
  • 今年の夏の帰省どうする?

ゴールデンウィークも夏休みも我慢続きでつらい

   J-CASTトレンドは、実家から離れて暮らす男女7人に「今年の夏は帰省するか」聞いた。このうち帰省すると答えたのは2人で、いずれも現在の居住地と実家が近い場所にあった。

   「2、3日帰省する予定」と答えた埼玉県に住む女性は、実家も同県にある。「同じ県内だし、移動する分には良いかな、と」。都内在住で、実家が千葉にある男性も帰省予定だ。ゴールデンウィークも帰れず、さすがにそろそろ直接親の顔を見たい、と話した。

   神奈川県に実家があり、現在都内に住む女性からは、こんな回答が。

「帰省はしませんが、なぜか親が家に来る予定です」。

   一方、「帰省しない」と答えた残りの4人は、東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏在住で、全員が地方出身だ。

   兵庫に実家がある女性は、「高齢の家族にうつす可能性を考えると怖いため、感染者が多いうちは帰省しないと思う」とした。実家が島根の女性も、「自分がもし感染を広げたら」と思うと怖いという。京都に実家がある女性は、「帰りたいけど移動距離が長いから怖い。ゴールデンウィークも夏休みも我慢で辛い」と明かした。代わりに3人とも家族に電話をする予定とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!