2020年 10月 23日 (金)

阪急×阪神×東急 再生可能エネルギー100%「SDGs トレイン2020」 最新省エネ車両使用

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   阪急阪神ホールディングスと東急グループは、協働ラッピング列車「SDGs トレイン2020」を20年9月8日から運行する。

   同社は20年5月に「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」を発表し、持続可能な社会の実現に向けたSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」への取り組みを進めている。

   また従来からの取り組みとして、社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の10周年を機に、19年5月からSDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」を運行中だ。

   一方、東急グループは「美しい時代へ」というスローガンのもと、鉄道事業を基盤とした「持続的なまちづくり」を通して、社会課題の解決と事業成長の両立に取り組むとともに、「公益財団法人東急財団」などさまざまな社会貢献活動を行ってきた。今回、SDGsトレインの取り組みに東急グループが新たに加わり、ラッピング列車「美しい時代へ号」の運行を開始する。

   同列車は阪急、阪神、東急の最新の省エネ車両を使用し、走行にかかる電力をすべて再生可能エネルギーで賄う。また、共通デザインのヘッドマークやドアステッカー、車内吊りポスターを掲出する。

   運行区間はSDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」が阪急神戸線・宝塚線・京都線および相互直通区間、阪神電車本線・阪神なんばおよび相互直通区間、SDGsトレイン「美しい時代へ号」が東急東横線・田園都市線・世田谷線および相互直通区間。

  • 再生可能エネルギー100%のラッピング列車
    再生可能エネルギー100%のラッピング列車
  • 再生可能エネルギー100%のラッピング列車
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!