2021年 6月 17日 (木)

レジ袋有料化で「ポリ袋ハンター」が大迷惑 ロールごと持ち帰りは「窃盗罪」の恐れ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   スーパーのレジにある無料のポリ袋を大量に持ち帰る「ポリ袋ハンター」――。「日テレNEWS24」が2020年8月18日に報じた。汁漏れが不安な商品でなくともポリ袋に入れる、レジ袋を買わずにポリ袋に詰め込む、ロールごと持って行く人までいるという。

   番組に登場したあるスーパーは「例年に比べてポリ袋の消費量が1.5倍になった」と説明している。ツイッターには「ポリ袋買えばよろしい」、「見ててすっげぇ恥ずかしい」と冷ややかな声がある一方、「確かに消費量は増えた」と実感のこもった投稿が見られる。

  • スーパーで「ポリ袋ハンター」増加する
    スーパーで「ポリ袋ハンター」増加する
  • スーパーで「ポリ袋ハンター」増加する

汁漏れで「エコバッグを汚したくない」

「レジ袋有料化してからエコバック使うようにはなったものの、実際エコバック汚しそうな食品包む時とか生ゴミ防臭とかでポリ袋なんだかんだ使ってる事実」
「必要以上に無料のポリ袋を持っていくポリ袋ハンターはバツだけど、エコバッグ使うようになってから食材の汁漏れを避けるために薄いポリ袋の使用率は確実に上がった」

このように、エコバッグを繰り返し使うからこそ、「汚れ防止」にポリ袋使用率が上がったという意見が目立つ。また「牛乳とかだってポリ袋に入れるよ。エコバッグ濡らしたくない」と主張し、できるだけエコバッグを洗わずに済むように「必要枚数取ってる」ユーザーも。

   買い物以外の用途でポリ袋を確保するというツイートもあった。

「コロナ流行ってから入店して直ぐに袋取りに行って手袋代わりに使う人もチラホラ」
「スーパーに置いてるポリ袋は飼ってるワンちゃんの散歩中のウンチを回収するのに使うからめっちゃありがたいんやけどな」

大量の持ち帰りが犯罪行為に

   ただ、店に置かれているポリ袋を大量に持ち帰ると犯罪行為に問われる可能性がある。「gooニュース」20年1月7日付記事では、グラディアトル法律事務所の井上圭章弁護士のコメントを紹介しながら、こう説明している。

「物品を無料で提供しているため、大量に持ち帰っても罪に問われることはないだろうと思いがちですが、窃盗罪(刑法235条、10年以下の懲役または5万円以下の罰金)に問われる可能性があります」

   「大量の持ち帰りはご遠慮ください」「1人○点限り」など、店側が明記している場合にそれを超える量のサービス品を持ち帰る行為だけでなく、明記がない場合も、窃盗罪に当たる恐れはあるという。

   「週刊現代」2017年3月4日号(「現代ビジネス」同3月3日付掲載)の記事でも、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士が「スーパーやコンビニに置いてある、無料の輪ゴムや箸、ビニール袋などを出来心で大量に持ち帰るのも、同様に犯罪」と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!