2020年 9月 25日 (金)

1枚の紙でできたシールドマスク 夏向け、フルフェイスの2種加わる

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   パッケージやダンボールを製造販売するサガシキ(佐賀市)は2020年8月20日、自社製造の紙を素材とした使い捨て防護マスク「ハコデガード」の新タイプ2種を発売した。

  • 暑さ対策を施した「ハコデガードライト」
    暑さ対策を施した「ハコデガードライト」
  • 顔全面を広く保護する「ハコデフェイスシールド」
    顔全面を広く保護する「ハコデフェイスシールド」
  • 暑さ対策を施した「ハコデガードライト」
  • 顔全面を広く保護する「ハコデフェイスシールド」

箱製造技術を活用

   「ハコデガード」は箱製造の技術を活用した、1枚の紙でできた低価格なシールドマスク。サガシキ発表資料によると、現在までに医療機関、自治体などで、約8万枚が利用されているという。今回は、暑さ対策を施した「ハコデガードライト」と、幅広い用途で利用できるフェイスシールドタイプの「ハコデフェイスシールド」の2種を新たに追加した。

   「ハコデガードライト」は暑さ対策のために開口部を設けていて、夏場でも快適に着用できる。また、スポンジスワブ挿入口を設けており、感染症検査時にも利用可能。組み立て不要ですぐに使えて、使用後はそのまま使い捨てできる。

   価格は1箱100枚入りで1万9800円 (税・送料込)。

   「ハコデフェイスシールド」は顔の全面を広く保護できる形状で、頭の部分をアジャスターで調節することで大人から子供まで使用できる。こちらも紙を主な素材としているため、使用後はそのまま畳んで廃棄可能だ。

   価格は1箱100枚入りで1万4800円 (税・送料込)。

   販売は、印刷プラットフォーム事業などを手掛けるAmazingDay(東京都港区)から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!