2020年 9月 22日 (火)

24時間テレビとガチで間違えた? 「24分間テレビ」石橋貴明マラソン疾走

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION "ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH"」。どことなく見覚えのあるフレーズがちりばめられたタイトル。とんねるずの石橋貴明さんが自身の公式ユーチューブチャンネルで公開した動画だ。

   2020年8月22日~23日に「24時間テレビ」(日本テレビ系)が放送されたが、「24分間テレビ」も23日夜に公開。石橋さんが東京・両国国技館のゴールを目指してマラソンを始めた。マラソンといえば、24時間テレビの恒例企画だ。

  • 「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも~」(画像は動画のスクリーンショット)
    「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも~」(画像は動画のスクリーンショット)
  • 「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも~」(画像は動画のスクリーンショット)

清原和博さんのコメントに吹き出す

   石橋さんは冒頭、「この日に合わせて体調は万全です」と真剣な表情で意気込んだ。画面の右上には黄色い文字で「LIVE風」のテロップが掲げられ、マラソンはお台場付近からスタート。いかにも24時間テレビに似ている。

   ゴール地点の国技館前には、加山雄三さんの物まねをした男性が応援に駆け付け石橋さんを激励。本家「24時間テレビ」のラストでは毎年、加山さんの代表曲「サライ」が歌われる。それにちなんでの「ゲスト」なのだろうか。

   また、おぎやはぎの矢作兼さんやバナナマンの日村勇紀さん、カンニング竹山さんなどの人気芸人からも応援のコメントが寄せられた。

   中でも、放送後にインターネット上で話題となったのが、元プロ野球選手・清原和博さんからのメッセージだ。コメントには「僕が×××(ピー音)をやめられたのも、今の貴さんが居たからです」としたあと、「違法薬物は二度とやらない」という意味合いの英語のフレーズで締めた、はずだった。ところが、英語を間違えたのか「逆の意味」になってしまった。これには、苦しそうな表情で走っていた石橋さんも思わず吹き出した。

   結局石橋さんはスタッフと揉め、国技館に到着する前にエンディング。ゴールにはたどり着けなかったが、動画の最後は本家と同じく「サライ」で終えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!